回答受付が終了しました

呪術廻戦単行本14巻分の話なんですが、宿儺の領域展開「伏魔御厨子」の必中効果は半径約200mですよね。でも無量空処含む通常の領域は最低数mの距離にいないと領域に引き込めない。で、術式を付与された完全な領域は

コミック544閲覧

回答(4件)

1

私の勝手な解釈です↓ そもそも勝つさという発言は断言ではなく意思表示とか「なんとしてでも勝つよ」という意図だと解釈してました 本題の宿儺vs五条先生についてです 領域の押し合いになるのかなと思います 宿儺の神業領域展開の得体が知れなさすぎて無量空処との差がわからないのでなんとも言えませんが、伏黒と陀艮の間で綱引きがあったので質の差が多少あっても中和し合うのがわかってます 五条先生は宿儺に勝てないという点については同意しますが、一方的にやられることはないのかなと思います また、摩虎羅についてですが五条先生が勝つのかなと(勝手に)思ってます 当主といっても五条家当主が五条先生並みに強いかは別問題かなと思ってます 言ってしまえば五条家当主の強さが覚醒前五条先生くらいの可能性もあるわけなので…

1人がナイス!しています

0

敵が数mの間に居ないと領域に引き込めない。逆に敵が離れていたら敵は引き込めないけど領域は作れる。自分しかいない領域を宿儺の領域の中に作ってそこだけ中和する。 五條悟が宿儺より領域の質が高ければという前提付きの話ですがこれならまぁ何とかなりそうじゃないですか? 領域展開のメリットって術式必中だけじゃなくて、敵の領域から身を守る防御もかなり大きいと思うんですよ。そう考えると守備のみの領域展開が作れてもいいと思うんですよね。 まぁこれが出来たとしても五條悟より宿儺の方が強いというのは同意見ですね。

写真の恵が五條悟で陀艮が宿儺って考えると分かりやすいかも。 陀艮自身はは恵の領域に引き込まれてはないけど、恵の周りは自身の領域で必中効果を消せてる。 この時は領域の綱引きが始まった時点で恵の領域外とおもわれる真希にすら必中効果が無くなってたから、綱引きが始まった時点で必中効果が無くなるって考えもいいかも。

画像
0

五条も領域を使えることが考察から漏れているように見えます。 確かに領域内では術式は中和され必中効果も付与されますが、双方が領域を展開し領域の押し合い状態になっていれば必中効果は失われますし(明確な描写がないので推測になりますが)術式の中和も失われるか弱まるでしょう。 現にメカ丸が簡易領域で、漏瑚と花御が領域展延で相手の領域対策を行っていたことからも分かるように、一方的な展開状態とならないだけで領域のアドバンテージは大幅に失われるものと考えられます。 これは力の大小ではなく呪術のルールの部分の話なので、宿儺といえども逆らうことはできないでしょう。

いや、漏れてませんよ。宿儺の領域は空間を結界で分断しない、空に絵を描くことと同じような神業でしょ?それなのに領域の押し合いが出来るならわざわざ"空間を結界で分断しない領域"の凄さがあまり分からないし、押し合いにならないと思います。誰もいない空間に無量空処を不発して、外の領域の硬度は低いので破られて終わりだと思います。それに五条は領域対策は領域展開しかないし、簡易も展延も使えないし、無理でしょ。