中学受験の算数の問題です。子どもに聞かれ、解答を見てもよく分かりません。。 どなたか分かればお願いいたします。

算数 | 中学受験233閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。その考えで、解答にある比が出てくるのは分かるのですが、なぜその比が=となるのかが、よくわからず。 AB+BC:AC=BC+CD:DBなのはわかるのですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

遅くなってしまいましたが、みなさまありがとうございました。質問にも答えてくださりありがとうございました。

お礼日時:2020/12/3 8:05

その他の回答(2件)

1

花子さんがB地点に着いたときに花子さんが進んだ距離と太郎君が進んだ距離の比は、2人の速さの比で決まります。 花子さんが折り返してから太郎君と出会うまでの距離も、2人の速さの比で決まります。 そして太郎君と次郎君の速さは同じ。 だから、AB:BC と BC:CD は距離は違っても比は同じ。 以下、中学数学的に。 花子さんと太郎君の速さの比を 1 : m とします。 ABの距離を a とします。 花子さんがBに着いたときの太郎君の場所をEとします。 このとき、 AB = a 花子さんが a だけの距離を進む間に太郎君は am だけ進むから AE = am BE = AB - AE = a(1-m) 2人が出会うまでに花子さんと太郎君はBEを 1 : m の割合だけ進むから BC = BE/(1+m) = a(1-m)/(1+m) よって AB : BC = a : a(1-m)/(1+m) = 1 : (1-m)/(1+m) なので、 AB : BC は、ABの距離に関係なく、花子さんと太郎君の速さの比で決まる。 太郎君と次郎君は同じ速さなので、花子さんと次郎君の場合も同様に行えば同じ比になる。

1人がナイス!しています

0

中学受験算数の問題を、受験経験者かプロ以外が教えることは無理 です。無理やり教えようとしても子どもには理解できないので逆効果 しかないです。中学受験の勉強は親が教えない、が鉄則です。 これは図を書かないとちょっとわかりにくいですね。 なるべくわかりやすく文章にしてみますので、ちょっとお待ち下さい。 図が書けてしまえばほぼ解けたも同じです。