タイヤを購入し、気の迷いで窒素ガス充填を人生で初めて頼んでしまったのですが、タイヤ交換、約1ヶ月してタイヤの外観を見たところ運転席側1本のみ他と比べて若干タイヤが弛んでる気がして、圧を確認したらその1本

ベストアンサー

0

たしかに、他の車に詳しい先輩からは「あーあ、やっちゃったと」言われましたね。窒素入れる利点があんまりないらしいので。。とりあえず、しばらくして、諦めモードで普通の空気入れるかもです。。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

スローリーク知らないので調べました。可能性はゼロじゃないので、1度買った店で調べてもらおうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/17 21:09

その他の回答(7件)

0

大気中はほとんどN2です。タイヤの空気が抜けにくいと言われてるのは酸素が抜けやすいから。何回か入れて抜けてを繰り返すといずれタイヤの中のN2が多くなるのでわざわざN2入れなくても大丈夫。持っていって入れてもらうのもいいですが、普通に空気入れてもいいと思いますよ。大半がN2だから。

0

購入されたところに相談されては? 窒素ガスの充填もきちんと真空引きするお店は少ないかと思うので 気分的に窒素に拘るなら無料充填可能なところを探すかかと… 私の最寄りでは窒素充填後に限らないのかセルフで充填可能です もちろんこの店舗でのタイヤ交換時は窒素が入ります 別に窒素だからと別請求も無いです 約一ヶ月でエア不足を感じたならパンクも疑うべきかも 他とより組み付け方に甘さがありエアバルブやリム付近から漏れているのか… 点検されても良いのかも?

0

一度N2充填したら 補充は、無料では? そもそも N2 100%など入ってません 良くて6割程度で 4割が空気です。空気を補充しても問題ないです。 N2のメリットは、空気中に含まれる He、H2が透過(自然抜け)や熱膨張するので これらの入っていないN2に替えることで 抜けや温度盲腸が避けられると言う事で 空気100%より 50%60%がN2の方が 影響が少なくなると言った感じです。

6

肉眼で0.1のズレなんか解るわけないやろ(笑) それは車の止まってる傾斜や荷重の掛かりかたとかでタイヤがたまたま変形してただけです。 レースやタイムアタック等をしない限りわざわざ窒素入れる必要はありません。 コンプレッサーの空気より不純物が少ないというメリットもありますが。 空気中の7割は窒素ですよ(笑) そんな無駄金使わずに給油する時にでも定期的に合わしていれば良いだけです。 窒素の本当の意味は熱膨張が少ないので、冷感時と発熱時でもあまり圧が変わらない事が入れる最大のメリットです。

6人がナイス!しています

1

2.5と2.4の違いが外観で分かるんだ! 凄いね。 2.4でも全然問題なし。

1人がナイス!しています