回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/17 22:18

33回答

日本のスーパーって、どう考えても最悪じゃないですか?

画像

回答(3件)

1

商品を陳列するスペースは限られているいますから、消費者の需要が高い商品から優先的に選択する事になります。また、需要の低い商品を置く事で売れ残りの廃棄や値引きといったロスも発生しますし、本来ならもっと売れていた筈の商品の販売機会も失われる事になりますから、お店としては良いところがありません。その辺りはあえて専門店にお任せ、といったところでしょう。 一方で海外のスーパーは日本では見慣れない商品や量目、陳列などで目新しく感じる楽しみもありますが、一般的な日本人が普段使いするようなものが無かったりします。お国柄に合わせての品揃えはお互い様でしょう。

1人がナイス!しています

1

オーストラリア在住です。チーズは、日本の風土で作れる種類には限界がある上のにチーズ製造技術も未熟なので、外国産のチーズの味が広まってしまうと誰も日本のチーズを買わなくなるから、輸入チーズにバカ高い関税をかけてワザと流通しないようにしていると聞いた事が有りますよ。 オートミールは、日本人で毎日食べたいという人は少数だと思います。オーストラリアやアメリカには毎朝必ず死ぬまで食べるという人は沢山いるでしょうが(私のオージー夫もそうです) 肉は、米豪でブロック肉が当たり前なのは、日本と比べて家族人数が多いのと、買い物の回数が少ない、後は家が大きいので収納スペースが多い(大型冷蔵庫が複数台有る家も多いので)から、そうなってるのでしょう。 でも逆に、薄切り肉が全く売っていないので、生姜焼きとかスキヤキとかしたい場合は自宅に業務用スライサーを常備して自分でスライスするか、日本食材店に行って、冷凍薄切り肉を5倍位高い値段払って購入するかの選択しか無いので、不便ですよ。私は結局、そういう料理を家で作るのは諦めました。 米豪で肉のバリエーションが多いのは、一重に肉食だからですよ。その代わり、オーストラリアなんて魚のバリエーションはメチャクチャ低い。日本食材店に行っても、それだけは補え無いです。

1人がナイス!しています