ID非公開

2020/11/18 8:06

77回答

親父が逝ったので、家の片付けをしてたらCanonのAE-1というフイルムカメラがあった。

ベストアンサー

0

AE-1のボディは当時5万円でした。 当時AE一眼レフとしては非常に安価であったものの、従来のマニュアル機のFTbよりも高価で、決して安いと言う程でもありませんでした。そうなると、やはりプラスチックとは言え、安っぽい仕上げは出来なかったのです。

その他の回答(6件)

0

ブラックボディが好まれる理由として、角のところどころが塗装が剥げ落ちて真鍮の地金が見えるのが好まれたようです。使い込まれた風合いの良さがあったようです。その為プラスチック化の黎明期には銅メッキをして塗装したようです。ミノルタのXDはネオブラックといって、ブラッククロメイト処理で金属感があり、かなりコストがかかってたようです。 でも若年層にはブラックボディの剥げ落ちた風合いは嫌われたからシルバーボディが中心になりました。キャノンはA-1は若年層を狙った製品で、絶対に剥げ落ちないニューブラックとして、シルバーボディのラインナップを出さずに、ブラックボディのみのラインナップにしました。ニューブラックとはボディの素材の黒色なので、表面処理はないのです。これは大幅なコストダウンに繋がるので、ミノルタXシリーズ、αシリーズ、EOS シリーズは表面処理のない素材の色で他社もこぞってブラックボディで統一しました。

0

AE-1は当時ヒットした傑作カメラだったと思います。 プラスチック外装をまとい、ワインダー装着可能、軽量でキヤノンカメラの中では比較的小型、シャッター優先AEのコストパフォーマンスに優れたカメラでした。 ただし、当時のハイエンドユーザーは電子シャッターは電池が無くなるとシャッターが切れない。 プラスチック外装は脆い。 戦場でシルバー外装は的になる⇒だからニコンFはブラック外装が好まれた。 など全ては真偽のほどは定かでは有りませんが、そのような方がおられました。 私も当時はそんな眉唾な話にそそのかされ、旧F-1に憧れて今でも使っている一人なのですが。 隣でオヤジが使っていたA-1の方がよっぽど使いやすいカメラでしたが。 そんなオヤジも亡くなりシャッターの切れなくなったA-1が今でも形見として防湿ケースにしまって有ります。 質問者様もAE-1を大事にして頂ければと思います。

0

キャノンAE-1は当時は39800でカメラボディが買えた極安カメラでした。 でもお薦めはnewFDマウントのレンズが採用されたAE-1プログラムかな。 そしてA-1ですよ。

0

当時はプラスチックは安っぽいイメージがありました。特に一眼レフカメラとなるとマニアックで持つことにステータス存在でもありました。 小生も公立高校の合格祝いとしてミノルタXGEを買ってもらい、まさかプラスチック製だとは思いませんでした。ミノルタXGEもプラスチックが多用してるのを知ったのは、さすがにショックでした。カメラの底板はアルミのプレスで簡単にできますが、上部カバーはペンタプリズムの山形と一体化するのは金属では困難でした。金属ならペンタプリズムのカバーと軍幹部とは別になったと思います。 プラスチックは軽量化だけでなく、部品の低減化によって低コストに繋がります。またミノルタXGEは電子化と相まって部品点数が600点まで減らしたそうです。金属製のメカ式なら1000点になってたようです。 プラスチック製のボディが世に送られるようになると、プラスチックの原色が使えるブラックボディのみのラインナップとなりました。キヤノンのTシリーズ、ミノルタのXシリーズも黒のラインナップ一本化して、プラスチック製の原色が使えず、表面処理が必要なシルバーボディはラインナップから消えたようです。

1

ちょっとボクも自信がないのだけど、ブラックが原色というのは本当かなあ? 仮に原色が黒系の色だったとしても塗装仕上げはしているんじゃないかと思うけど。 ブラックの方がコストが安いというのは何かソースがありましたら教えてください。

1人がナイス!しています