今の軽自動車より小さくて運転しやすい車って発売されないでしょうか? 軽自動車より2廻り小さい車の潜在需要が大きいですが、では、

補足

日本では建築物も京町屋のように間口が360ミリしかなく、 奥行きが数十メートルもあるお家があります。 日本では自動車でも、お家建築物でも歴史的に幅が狭い事が重要なのです、 木材を手曳きする台車でも、何と、木材丸太を上下方向にまっすぐ3本重ねて積む技術があります。 日本ではとにかく横幅が狭い事が重要なのです!?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様有難うございます。 アイミーブやミゼットⅡはマスコミがカッコいいと書いただけで、 実はダサいと庶民は判断した。 ツインは単なるショートカーで、日本にショートカーの市場は無い、 つまり、直球真面目な小さい車が発売されたことがないのです。 時代を巻き戻すと、ありました ステップバン360や、ライフ4ドア360、ポーターピックアップトラック、 あっ、スズキの50ccカーは素晴らしい車です。

お礼日時:2020/11/25 8:30

その他の回答(18件)

1

○ 今の軽自動車より小さくて運転しやすい車って発売されないでしょうか? 出るでしょうが、限定的でしょう。 小さい=運転しやすい は、幻想です、現状の交通インフラが現状売られてる車のサイズを前提にできてるからです。 流通を考慮すると全ての車を小型化する訳にはいかないし、専用道路を設けるにしてもごく一部でしょう、自転車と車の棲み分けすら満足にできていない現状を見れば明白です。 ○ 軽自動車より2廻り小さい車の潜在需要が大きいですが ソースは? ① 今さらそんな半端なエンジンとパワートレインをそのために新規設計することはあり得ないでしょうね。 ② 超小型車の需要があるとすれば限定的な街乗り、カーシェアといった用途がメインになると思われます、なので実現するとすればEVでしょう、エンジンのメリットは航続距離と燃料供給インフラです、遠出することを前提としない以上わざわざエンジンを搭載するとは思えません。 ○ ①又は②のいずれのコンパクトカーがブレークすると思いますでしょうか? どちらもブレークどころか出現すらしない可能性が高いと思います、百歩譲って出現してもエンジンは現行品を流用してごく短期間でEVに集約されるでしょう、その短期のためにそのようなものを開発するか?答えはNOでしょうね。

1人がナイス!しています

0

市販するだけなら、販売価格400万円なら可能でしょう。 その金額で、質問者様は買いますか? それとて、開発資金を回収できるかどうかわかりません。 月1万台ペースで6年以上コンスタントに売れなければなりません。 尤も、そんな小さな車体では、衝突安全試験は却下です。 最近、やっと超小型車の法規制が決まりましたが、衝突安全性は殆ど無視状態です。 50㏄2気筒じゃ、熱効率が悪すぎて話になりません。 ターボ?論外です。 エアコン?オーディオ?パワーウインドウ? 贅沢装備です。 坂道登りません。 平地でも発進できないかも? トヨタ、日産、ホンダがコミューター実験車両を出していますが、いずれの車種も乗り降りの時、フロントタイヤハウスが邪魔で引っ掛かります。 健常者でも引っかかるのに、年配者が乗ったら、転倒して終わりでしょう。 全国数ヶ所で、日産EVコミューターの実験車両が運転できますから、それに乗ってみて下さい。 日産EVコミューター https://evblog.nissan.co.jp/EV/i/2015/EVNEWS/353.html >ブレイクするか?< しません。 不便で乗り降りしにくいからです。 トヨタコムスの事例を見れば明らかでしょう。 大型トラックからは死角に入って見えません。 事故が起きて終わりです。

0

ま、個人的希望も含めて考えると、そのうち出ると思います。 メッサーシュミットのような縦2人乗りの車が出ると良いなと思います。 原動機はモーターでしょうけどね。