回答受付が終了しました

千葉県九十九里浜海岸のハマグリ騒動は漁業権と遊漁権のどちらか、、、と思うに、どちら共も尤もと想いませんか。

釣り | 事件、事故160閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(3件)

0

元々、海は皆のものであり、水産動植物に制限はありませんでした。このため、「地は地付き沖は入り合い」と言った海に使用の原則が出来る前ならば、ハマグリは誰でも採捕出来きました。 しかし、現在では、漁業生産力の維持増大を目的として、漁業法などの法によって採捕が制限されています(例えば、遊漁者が使用出来る漁具・漁法が限定されている、特定の魚種・海域で水産動植物の採捕を営む権利であるを与える漁業権制度など)。 法は議会(選挙によって選ばれる政治家が構成)によって成立します。このため、現行の採捕の制限をかけられた状況を、国民は同意しているとみなされます。

0

「遊漁権」という権利は無い。 「遊漁券」は内水面管理者が発行する、一定範囲内での遊漁実施を認める券。 主に河川や湖沼での釣りにおいて発行される。 基本的に遊漁ってのは、漁業権を持つ者の「目こぼし」なんだよ。 『このくらいなら、まぁイイか』で成り立ってんだよ。 なお、漁業権が設定されている貝類には「遊漁は存在しない」 どうやってでも獲れるからな。 だから、今回のハマグリは「拾うだけでアウト」だ。

0

そうは思わない。 現在全国的にハマグリやアサリが減少してると聞いた。 その数を増やそうとしている漁業組合に対し数を限定せずに採るのは何も考えてないんだから優先すべきは漁業権。