就職氷河期と今年、来年の就職はどっちが厳しいですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

今年、来年の就活です。 航空業、宿泊業、観光業、飲食業が壊滅している年なんて他にありません。JRも大赤字…。 氷河期の二の舞にならないようにして欲しいところです。

0

圧倒的に今年、来年の就職であると考えます。 就職氷河期の要因は、リーマンショック。米国の投資会社の倒産でした。負債が64兆円と大きかったとは言え、金融機関の危機でした。 一方、コロナは、感染者: 56,247,982人 死者: 1,349,380人(最新)という現実の被害があり、産業界の倒産が続くだけではなく、通常は景気の影響を受けない航空、鉄道までも大きな赤字です。大企業がCM費を払えないので、不況に無関係のマスコミ、電通も、危機感はありませんが、大赤字です。 ワイドショーの話題の中心はGoToキャンペーンで、就職の話題はまだありませんが、今後始まるコロナショックは、リーマンショックとは比較にならない程大きいと予想します。

0

大学生の就職率がバブル崩壊後最低と出ておりましたので、今の方が悪いのではないでしょうか。 コロナが収まる気配はないので、ワクチンや特効薬は出来ない限りしばらくは就職氷河期になると思います。