宗教の勧誘(開拓奉仕)は違法でしょうか?

宗教 | 法律相談21閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

WINNER!

お礼日時:2020/11/26 18:37

その他の回答(3件)

0

日本弁護士連合会 反社会的な宗教的活動にかかわる消費者被害等の救済の指針 https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/1999_13_1.pdf 2. 判断基準作成にあたっての基本的考え方 (1) 信教の自由とは 信教の自由には、次の3点が含まれると解されている。 ① 内心における信仰の自由 ② 布教や儀式などの宗教活動の自由 ③ 宗教的結社の自由 このうち①の「内心における信仰の自由」は、良心の自由を 規定した憲法19条と同様、絶対無制約な自由と解されている。 たとえ信仰が淫祠邪教・えせ宗教の類であっても、内心にとど まっている限りは社会との対立は起こりようがないから、国家 が特定の宗教を禁止することは憲法上許されない。 しかし、信教の自由は、②の対外的な宗教活動の自由をも包 含している。この場合は、信仰上の特定の行為が他人の権利や 利益を侵害する場合が生じるから、信教の自由は絶対的に保障 されることにはならない。③の宗教的結社の自由を通して宗教 団体の信教の自由が保障される。宗教団体も団体として、①、 ②の自由を有するということになるが、布教や儀式等の宗教活 動が外部の権利や利害と対立する場合には、宗教団体としての 信教の自由も一定の制約を受けざるをえないことは、個人の信 教の自由の場合と同様である。 (2) 個人の信教の自由と宗教団体の信教の自由との調整 ところで個人の持つ自由権が相互に衝突している場合と異な り、宗教団体の自由と個人の自由が衝突する場合には、個人の - 15 - 自由に比重をおいて考えなければならないことは当然であろう。 そもそも民主主義社会は個人を単位にしている。一方で、現 代社会においては組織は巨大化し、個人は組織に対しあまりに も無力である。これを同じ自由だからといって両者の自由を形 式的に対等に考えるべきではないだろう。 日本国憲法下ではまず個人の自由が優先し、それを前提にし て宗教団体の自由が構築されており、これが逆になるのは本末 転倒である。宗教団体の持つ信教の自由はどうあるべきかとい う問題は、個人の自由の優越性を念頭に置いて議論されなけれ ばならない。つまり、①の内心における信仰の自由は、②、③ の自由に優越する関係にあると同時に、宗教団体の有する信教 の自由に優越するものである。具体的な信教の自由の衝突の調 整が問題とされる場合には、個人の持つ①の自由は、かかる意 味において二重に優越するものと考えられなければならない。

0

法律家ではありませんが、これぞ洗脳と云える❬国家神道 =天照大神を拝めば大日本帝国は必ず勝つ❗❕❗❭と軍部が過ちを犯した第二次世界大戦後、信教の自由で例え親兄弟、夫婦であっても宗教は個人の自由であります❗ つまり誰人も、宗教の勧誘は合法です❕ 但し、政教分離の法律に依り公務員(警察、教師···)に依る宗教勧誘が違法なのかは微妙です❗