回答受付が終了しました

養命酒って一日何回飲むのがおススメですか?

お酒、ドリンク | 健康、病気、病院621閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(1件)

0

薬用養命酒は実際に漢方薬局の方の話では、焼酎に生薬を漬け込んでいる薬酒の為、長期間飲んでいくと身体を冷やしていくそうです。 焼酎の原料は麦なので、麦は身体を冷やす作用があるからです。 薬用養命酒は薬酒ですから、車の運転をなさるなら、一日3回なんて飲めないですから、就寝前の一回で良いと思います。 薬用養命酒が無くなったら、漢方薬内科ないし漢方外来を受診されるか、漢方薬局に行かれて、証=体質を見立てて貰い、質問者様に合った漢方薬を服用した方が良いかと思います。 漢方薬は謂わばオーダーメイドなんです。 先程証を見立て貰ってと書きました。 東洋医学=漢方は、問診をすることを証を見ると言い、体質が決まることを証を見立てると言うのです。 証を見る際に重視するのは、舌です。 「舌を出して下さい。」と言われます。 きっと知らないと、「何故舌を出してあっかんべーしなくてはいけないの?」と不思議に思うでしょう。 舌の状態は身体の状態を如実に現しているんです。 簡単に言うと、苔の有無・苔のつき方・舌が腫れている・赤い等です。 漢方薬の効き方についても簡単に説明します。 シナモンや八角・麦芽糖等スパイス系統の甘さを感じる場合は、効果が出るまでに1週間程度と早いのに対して、苦い場合は、効果が出るまで1ヶ月程度と遅いので、じっくり服用していくイメージです。 甘いと言うと砂糖の甘さをイメージなさる漢方薬局店主がおりましたが、この漢方薬局は廃業しているため、漢方薬のプロ失格やぶ薬局でした(笑)。 余談が入りましたが、漢方薬は日々味が変わって来ます。 昨日まで苦かったのに、今日は甘いとか。その逆も然りです。 味と症状の出方を観察し、増悪している様なら、一旦服用を中止にする等適宜応用していけば良いのです。 漢方薬の服用は食間食事と食事の間に服用をする決まりになっていますが、漢方薬は生薬やスパイスを原料としているために、胃が弱い方だと空腹時に服用をする決まりになっているので、胃もたれ等の胃の不調を感じたり・逆に具合が悪くなる恐れもあるので、食後に服用をすることで具合が悪くなるのを防げます。 漢方薬の服用の回数についても、質問者様のライフスタイルにアレンジしても何ら問題はありません。 漢方薬自体の副作用として、西洋薬とは異なる頻尿感が挙げられます。 西洋薬の頻尿感はせいぜい2〜3時間程度と短時間の頻尿感で済みますが、漢方薬の頻尿感は1日中頻尿感に悩まされることになったりしますので、お仕事・外出・旅行等の長距離の移動がある場合は、服用回数を減らして夕方頃に1回と適宜変更しても大丈夫なんです。 養命酒を飲むのを中止になさるか、飲み終わった段階で漢方薬に切り替えてみてはいかがでしょう。