ID非公開

2020/11/20 14:53

1010回答

ニコンはS3やSPという化石の様なカメラを2000年代に入ってから再生産しましたが、アレによってニコンが得た物って何だったんでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/20 16:42

私には、クラシックカメラブームに乗せられただけにしか見えませんでした。 ニコンが希少ってのは、裏を返せばキヤノンに比べて売れてなかったって事ですし、ライカM3よりも高いなんてのは異常でした。

その他の回答(9件)

1

雑誌に書いてあることなど信用できないという教訓を得ました。 当時は廃番カメラが異常にもてはやされSPなど100万円近い価格で取引され 実際に、たいして程度の良くないそれが横浜駅の中古カメラ専門店でケースの中に85万円で置いてあるのを見ました。 カメラ雑誌などにも再生産を要望する記事もありました。 いざ再生産してみたら売れ残って機種によっては長く在庫になっていたようです。 評論家は商品企画の専門家ではないし再生産は要望してもそれで元が取れるとも書かない。 利益などなかったと思いますね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/21 15:29

結構35万なんかで長期在庫品が有りましたよね! 雑誌というものは、勝ち馬に乗ります。中古が流行れば、売らんがための提灯記事は幾らでも書きます。

0

なんだったのでしょうね・・・ 今思うと当時の技術者の物作りに対する意識改革の為だったような気がします。 それで得られたかどうかは別として

ID非公開

質問者

2020/11/21 15:30

その結果が今の大赤字にしか見えないですけどね!

0

Nikonの道楽だったというだけの事だと思いますよ。 S3でしたかね。 でも距離計連動式の最高級のカメラとしてNikonSPは素晴らしいカメラでしたよ。 28mmのファインダーが付いていたという事で特筆していました。 当時はNikonFと同時のプロが随分使用していたものです。 ボクシングりリングサイドでマットの位置から、みのカメラで撮影していた光景を良く見ましたよ。

ID非公開

質問者

2020/11/21 15:31

道楽…まさきその通りです。 クラシックカメラは希少だから価値があるのに、再生産すれば意味無いのに!

1

損の無い価格で宣伝にも成りました。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/20 19:19

いや、あの価格であの生産台数で損が無かったとは思えない!

4

古いカメラの作り方の技術継承ですね。継承する事で未来永劫に伝われば企業にとっては相当な利益になる筈です。おそらくはOBなどを動員して残せる技術を記録して保存する目的でしょう。この技術を焼失した場合、再度構築するには相当の時間が必要です。単純にマニア向けに生産したのが目的ではないです。 踊らされた人は多いようですが。レンズが無いので知らんふりしてました。 例えば大型木桶作り文化が滅びようとしていたのです。 木桶は100年使えますが、滅びれば二度と作る事が出来なくなります。 酒、味噌、醤油、味醂、酢、漬物などを醗酵させる日本の伝統文化が無くなりかけていました。これでは伝統の味が残せないと木桶職人を養成して未来に残した計画を数年かかりで行ったプロジェクトも有りますね。 いまは、映像があり視聴覚で記録もできます。木桶もカメラも同じで一度、失われると将来につながりませんね。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/20 18:22

まあ古い技術を継承しても、カメラ産業自体が今とは全く違ってしまってますからね!