ID非公開

2020/11/20 21:03

1919回答

『本田武史、高橋大輔、宇野昌磨、と日本男子フィギュアの系譜は、受け継がれている』太田由希奈さんが、おっしゃったとのこと。

補足

質問内容の回答になっていないような、誹謗中傷はおやめ下さい。 本田さんが高橋さんに、高橋さんが宇野さんに、具体的に何を伝承してきたのかをお尋ねしています。この系譜は、何をpass onしているのかってことをシンプルに答えられる方は、いませんか?

4人が共感しています

ベストアンサー

8

8人がナイス!しています

後に回答されているsor********さんが書いている本田さんの現役時のエピソードは嘘ですね。少なくとも時系列が全然違います。 怪我がちだった本田さんは常に故障を抱えていましたが、2003年10月のスケートカナダ、スケートアメリカに出場して2位と3位。12月の全日本を故障を理由に欠場、それでも2004年2月の四大陸選手権代表に選ばれ、会場でSPの6分間練習を終えたところで棄権。 2004年10月にはスケートカナダ、11月にはNHK杯に出場。ショートは新しいプログラムでした。 2005年3月には最後となる世界選手権に出場、2005年秋にグランプリシリーズに2試合出て12月の全日本で引退。 1年も行方不明になる暇はありません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ありがとうございました。 本田は高橋のジャンプコーチ、よって二人の系譜は繋がる。宇野と高橋は事務所が同じなだけ。宇野は高橋を尊敬しているとは言ったが客観的に見て彼が目指しているスケートは高橋じゃない。宇野は拠点をスイスに移し日本人指導者でもない。宇野は、この系譜に入ることを望んでないと思われます。 ベストアンサーはlagoooooonさんです。品格のある信頼できる回答者のお一人です。

お礼日時:2020/11/26 18:59

その他の回答(18件)

9

誤解があるようなので書きます まず羽生さんが日本人選手をリスペクトしていないというのは違います 本田さんのプログラムを好きだとあげていましたし、NHK杯で高橋さんと一緒に本田さんをたたえていたこともあってほほえましいシーンでした そもそも本田さんは羽生さんの高校の先輩で尊敬していましたよ 高橋さんについても憧れとインタビューで答えていました 宇野さんについても彼は賢い人だと答えていて、尊敬する言葉も言っています そして羽生さんの元コーチは日本男子初世界選手権メダリストの佐野さんのコーチだった都築先生です そこの系譜に羽生さんはいます 太田さんがどういった意味で本田さん、高橋さん、宇野さんが日本男子の系譜だと言ったかはわからないです ただ、本田さんは高橋さんのコーチで宇野さんの憧れは高橋さんなのでつながりとしてはわかります でもまるで羽生さんが日本男子は誰も尊敬していないと決めつけるような書き込みには違うと言いたいです もっとも憧れているのはプルシェンコやジョニーです でも羽生さんは他のスケーターの演技も見るのが好きなスケオタですよ

9人がナイス!しています

7

挙げられている3人の系譜として真っ先に浮かぶのは「日本男子エースの系譜」でしょうか。 それぞれの時代の日本男子中心として、公私に渡って活躍してきたスケーターたちといった印象です。 羽生選手は、タイトルだけは取るけど他は参考に出来ない、助っ人外人枠のイメージかも。 それまでのコーチに何も言わず海外に拠点を移し、選考会を診断書無しで欠場しては特例救済され、プログラムはリサイクルを繰り返し、ファンの暴走を止めないどころかむしろ煽る。 日本人は礼節を重んじますから、そういうやり方は好まれません。 それと、本田、高橋、宇野の誰も羽生選手は尊敬してはいませんよね。 これは羽生ファンも認めるところでしょう。 ただ、本人が言っているプルシェンコとウィアーも、本気でリスペクトしているのか?とは思います。 オマージュとして作ったプロを2人のためにも完成させるという理由で持ち越したのに、ネイサンと宇野選手に負けるとあっさりオリンピックのプロに戻しました。 元々、タラソワをプルシェンコのコーチだと言った時点で、ファッションリスペクトなのかなという気はしていましたが。 平昌の特番で、何故かキャスターだった高橋さんではなく柔道の野村さんと対談した時、自分はまだ2個しか金メダルは持ってない、3個の野村さんの方がすごいとヘコヘコしていました。 もしかしたら、羽生選手が1番本気でリスペクトしているのは、3連覇の野村さんなのかも。 同じ番組で宇野選手は、自分は銀だけど高橋選手との銅とは重みが違うと発言しています。 高橋選手は、本田さんは雲の上の存在だったとコメントしました。 礼儀正しさと尊敬で受け継がれたエースの系譜が、太田さんの脳内にあったかどうかは分かりませんが、そういうイメージです。

7人がナイス!しています

9

系譜とは一般に、芸術面などで影響を受けてきた繋がりのことを指します。 確かに高橋さんは本田さんの、宇野さんは高橋さんの影響を技術面、表現面ともに受けていますね。それが太田さんの言う日本男子の系譜なのでしょう。 いくつかあるフィギュアの系譜の中の一つです。 それにしても、羽生さんの名前が質問に無いのに羽生さんに絡めた回答ばかりで笑ってしまいました。ファンだけならともかくアンチまで彼のことで頭がいっぱいなんですね(笑) 羽生さんの憧れはプルシェンコとジョニーと荒川さん。仙台で基礎を固めカナダへ渡り強化された選手です。ロシア、アメリカ、日本、カナダという四つのフィギュア大国の系譜を受け継ぎ出来上がった選手と言えるでしょう。 だから太田さんのこの言葉に羽生の名前が入って無いのは納得ですし、だからこそ一人飛び抜けて強くなったのだと言えると思います。

9人がナイス!しています

8

系譜がどういう意味かは、それこそ太田さん本人に聞くしかありませんよ。 ここでどう思いますか?と言ったところで、想像しか回答できません。 だからこれも推測ですけれど、高橋選手は本田さんを、宇野選手は高橋選手をリスペクトしてきたのはフィギュアファンには有名です。 選手だった太田さんも当然それは分かっているでしょう。 本田さんは複数の種類と数のクワドを日本男子で初めて跳び、その姿を見てきた高橋選手は厳しいルール下でもクワド回避は選ばなかった。 そしてジャンプだけではなく、滑りそのもので記録と同時に記憶に残る演技を続けた高橋選手に憧れた宇野選手は、高難度クワドにチャレンジしつつも記憶に残る演技も目指しています。 そういった流れが太田さんのイメージする日本男子の系譜なのかもしれません。 羽生選手は、日本選手は先輩も後輩も誰も尊敬はせず、記憶よりも記録を重視するスケーターです。 太田さんのイメージの中には存在していなくても、当然では。 リアルタイムで発言を聞いたフィギュアファンには、納得した人も多いと思います。

8人がナイス!しています

羽生選手が礼儀を重んじるなら、全日本で初優勝した後高橋選手に向かって「全日本では僕に負けたけど、まあ頑張って」と言うような真似はしなかったんじゃないでしょうか。 引退後キャスター時代のインタビューは頑として拒絶し、復帰翌日には質問をNGにした。 宇野選手は「自分を超えようとは思っていないだろう」でしたっけ? ワンコ扱いもしていましたよね。 いざ直接対決で負けると「負けから学ぶものは何もない」 分かり易いところでは、年下をリスペクトするのはネイサンが初めてとコメントしています。 つまり宇野選手をリスペクトした事は無かった。 羽生選手は必要な場面では取り繕っても、あちこちで本音というかボロが出ますよね。 見ていて分かるのはそっちの方です。

6

伝統芸能や職人や店の暖簾分けじゃあるまいし、フィギュアスケート選手に系譜は、ないと思います。ジャンプの飛び方に本田系とかあるわけじゃないし。フィギュアスケートは、それぞれが磨いてきた技術と個性を持って追求していくものだと思います。 この人自体が、メジャーな人ではないせいか、この発言は当時話題にもなりませんでしたから、今更取り上げる必要もないのでは?

6人がナイス!しています

>羽生選手は、日本選手は先輩も後輩も誰も尊敬はせず、記憶よりも記録を重視するスケーターです。 上の回答者さん、それは貴方の思い込みだと思います。かなり意地悪ですね。 羽生選手は、先輩方についてもリスペクト発言をしてきました。後輩についてもです。羽生選手が礼儀を重んじる人であることは、みていてわかりませんか?