事変は戦争とは違うんですか?

日本史 | 日本語29閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

「事変」の変は、本能寺の変とか、桜田門外の変とかの「変」ていう言葉を引き継いだ概念ですね。つまり、「乱」や「役」のような対等な戦争ではなく、これは犯罪事件である、テロ行為が起きただけである、治安を乱した悪い奴が現れたから鎮圧する、っていうのが「事変」です。 犯罪集団を討伐するのは治安維持行動だから宣戦布告は要らない、っていう理屈になります。

0

事変は局部地域を争い取る為の内部的交戦で、戦争は内線と外戦とに分かれており、外戦は幾つかの国を敵と見なし戦うことを指しているが、規模次第では世界大戦にまで拡大してしまう。狭隘に言えば、前者には勝ち負けを裁く組織が無く、後者は戦勝国が敗戦国に対し処罰の手段を問わない。

1

日華事変のことでしょうけど、事変とは交戦国が宣戦布告をしない戦争のこと。 なぜ、日本、中華民国は宣戦布告をしなかったのでしょう? 宣戦布告をして正式の戦争になれば、両国とも当時中立法があったアメリカと貿易(日本は石油を買えなくなる)が出来なくなるからです。

1人がナイス!しています

0

正式に政府が宣戦布告を相手の政府にしていないのに、勃発した戦闘行為を事変と言います。