NゲージかHOゲージかどっちを始めようか迷っています。資金は60000円位です。それぞれのメリット、デメリットを教えてください。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

うーん、軽自動車かコンパクトカーにするか迷ってる方に、86やGT-Rどころかテスタロッサも勧めるような回答がありますね… HOプラ製品が極少数? 知識が四半世紀前で止まっているようで… トミックスの歴代カタログを見れば、製品が充実して行くのがわかります。 ※日本型は、Nゲージが異常に多いだけです。 メルクリン? 忘れて下さい。 長い歴史は認めます。けど、他と互換性のない3線式の独自規格では… DCC? 私も触れはしましたが、日本型を貶めて迄言うことで? 複数制御なんてのは先の先の話。 そこまで言うなら、トミックスの非協力ぶりやカトーや熊田貿易のこと、外国型と日本型デコーダーの価格差や、基板が飛びやすくて普通以上に自己責任であることも書かないと。 ゲージ論争? 今はどーでもいいでしょう。 なら、OOの話とかもします? 集電性は逆では? 要するに、今言うべきことじゃないことが多すぎるのですよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/24 20:15

その他の回答(5件)

0

まずHOゲージと呼んでいるものは日本型の縮尺1/80であると思います。 HO(縮尺1/87)とは異なるものです。 それを前提にして、 1:日本型Nゲージ(縮尺1/150) 2:日本型1/80 3:ヨーロッパ型HO(縮尺1/87) の3つに分けて説明します。 【1:日本型Nゲージ(縮尺1/150)】 〜メリット〜 ・種類が多く、製品化されている製品もかなり多い ・畳一畳(900mm×1800mm)で結構大きなレイアウトができる ・値段も他の鉄道模型に比べて安価 ・買いやすい 〜デメリット〜 ・メンテナンスが大変 ・集電性の維持を怠ると、走行性が悪い ・迫力がない ・デジタル制御対応(DCC化)が大変 ・世界の鉄道模型と比べると制御技術的に数歩遅れている →走行風景を楽しむにはぴったりであり、編成美を鑑賞するにはもってこいです。 ただ車重の軽さと集電性の関係から、運転を楽しむという面は少し弱く、特に小型車両の運転は不満が溜まることが多いと思います。 【2:日本型1/80】 〜メリット〜 ・実際の重量からくる、重厚感ある走行 ・大きさからくる存在感(1両でも楽しい) 〜デメリット〜 ・金属製やペーパー製などの工芸品レベルのものが占めており、価格も高額(最近普及してきたプラ製品は比較すると安価だが極少数) ・集電性はあまりよくない(集電効率がよくないため) ・小半径が曲がれない車両が多く、レイアウトが大きくなる方向にある(プラ製車両はR490程度が曲がれるものが増えてきており、これでレイアウトを考えると、ちょっと込んだ線路配置で1200mm×2700mmくらいのスペースとなる →編成美を楽しもうとすると広大なスペースが必要だが、運転を楽しむなら上記のスペースでも結構楽しめる。 特に2ハンドルタイプのコントローラで発車→停車の操作をすると、重量感から緊張ある操作が楽しめる(滑らかに停止位置に停車させようとした場合)。 また、重量的なことから小型車両でも安定して走行するので、1両の運転でも楽しめる。 また、車両が大きいので、デジタル制御改造(DCC化)に対応しやすい。 【3:ヨーロッパ型HO(縮尺1/87)】 〜メリット〜 ・車両の大きさと重厚感は1/80並みで、走行スペースはNゲージに近いスペースで遊べるという、2つの良い点を持ち合わせている ・ヨーロッパの鉄道模型はデジタル制御対応化されているものが多く、警笛や走行音が既に鳴らせる状態で販売されている ・1/80日本型より安く、機能は豊富 〜デメリット〜 ・日本型車両がない ・扱っている鉄道模型店が限られている →デジタル制御化により、日本の鉄道模型の標準制御であるアナログ制御と違って、一つの線路上で複数の車両をバラバラに制御できるという、実車と同じようなことが出来る また自動制御も、製品のシステムに組み込まれているものもあり、 『鉄道模型の自動制御はどうするべきか?』 と論じている日本とは何歩も先を行っている。 値段も日本の1/80よりも安いので、先のデジタル制御のことも考えると格安に思えてくる。 また、ヨーロッパのHOは基本的にR360を曲がれることとなっている。結果、Nゲージと大差ないスペースで遊べる要因となっている(ヨーロッパでHOが主流なのもこれが理由でしょう)。

60000万の資金があるなら、メーカーをKATOにして、Nゲージと1/80の両方を買うという手が使えます。 制御機器は共通で使えるためです。 [1/80関連購入] ◇2-151:フィーダーレール ◇2-150:S246 ◇2-280:R370 ×4セット →以上で小判型エンドレスです(約7000円) 車両 ◇1-425:クモハ12 約17000円 計約24000円 残りを制御器とNゲージに割り当てるというものです。

2

Nゲージ 〇小さいので狭い部屋でもOK 〇安い(HOに比べて) ×小さすぎる HOゲージ 〇大きい 〇重厚感 ×狭い部屋不可 ×高い(Nと比べて) まあ、値段が高いのは縮尺2倍で体積は8倍だから使う材料も多いし、材料以外の製造費も高くつくからしょうがないところかな。 でも一番重要なのって『自分が好きな車両が手に入るかどうか』じゃないかな。

2人がナイス!しています

2

Nゲージの模型を勧めます。 レールの種類、車両の種類どちらもNゲージの模型の方が多くあります。 線路を敷いてレイアウトを作るのであれば小面積でも完成できます。

2人がナイス!しています