何故ハリーポッターは腐らずに正義を貫けたのでしょうか? お父さんは陽キャラのクズで、育ての家族にいじめられて酷い人間ばかりなのに。

外国映画58閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

妄想だからだよ~ お前が知らないだけだよ~ 両親のいない11歳の孤独な少年ハリーは 意地悪な親戚の家の階段下の物置で暮していた。 親戚の家の子のダドリーは誕生日に 36個のプレゼントを買ってもらったが 孤独な少年ハリーへのプレゼントは ハンガーとお古の靴下だった。 ダドリーの誕生日のお供で動物園に行くと ダドリーは面白半分に蛇の部屋のガラスを叩き割り ハリーのせいにされたのだった。 「魔法で消した!」とゲラゲラ笑われたが 魔法使いでもないハリーに、ガラスを消すことなんて、 できないだろうに… 家に帰ると ダドリーの誕生日パーティーには ハーマイオニーというカワイイ子が招待されていた。 誕生日パーティーには ロンというダドリーのサッカーチームの友達も来ていたが 一緒に遊ぶこともなかった。 孤独なハリーは ロンやハーマイオニーと言葉を交わすこともないまま 一人、物置部屋でボーっと過ごしたのだった。 孤独なハリーの唯一の友達は マグノリア・クレセント公園で寝泊まりしている ハグリッドというホームレスのオジサンだった。 孤独なハリーの唯一の趣味は 自分で勝手に妄想した物語を 小さな手帳に書き留めることだった。 家族も友達もない孤独はハリーは、 「自分が魔法使いになって、悪者を倒して ヒーローになったら、どんなに面白いだろう?」 と妄想したのだった。 こうして 出来上がった物語が 『ハリーポッター』だった。 物語の中で、 ハリーは闇の帝王を倒す『選ばれし者』になり、 みじめな現実を忘れたのだった。 VAIBS版ハリーポッターと妄想の手帳 https://vaibs.wordpress.com/

画像