欲しい万年筆があるが、近くの店舗に置いていない時。

文房具40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答ありがとうございます。セルロイドは取り扱い注意ということを初めて知りました。皆様のご回答を拝読していて、やはり同じ物ではなくても、それなりの万年筆を実際に触ってから再検討すべきと思うに至りました。大変参考になるアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2020/11/23 8:41

その他の回答(5件)

0

万年筆に慣れるという意味では、近所の文具店で売ってる廉価な万年筆を買って試してみるというのは無駄ではありません。 ダイソーにだって100円でなかなか良い物も売ってますしね。 それで万年筆の書き味や取り扱い方を習得すれば、改めて本命の万年筆を買う時の自信になります。 ただし、同メーカーの廉価ペンを試しても、それが高級ペンの書き味の参考にはならないと思います。 万年筆の書き味はニブの違いだけでなく、軸の太さや重さ、それにバランスに強く影響されるからです。 特にプラチナの廉価モデルであるプレピーやプレジールは、首軸の構造からして普通の万年筆とはかなり違いますし。 なので、出来れば店頭で試し書きさせてもらうのが一番なのですが・・・。 とりあえず、国産大手メーカーの万年筆ならアフターサービスがしっかりしているので、通販でも買ってしまった後で気に入らない点が出てきたらペン先の再調整など相談に乗ってくれます。 また大きい店では定期的にペンドクターを呼んで万年筆の診断をしてくれるイベントを行っていたりするので、行動範囲の文具店でそのような催しが行われているか探してみるのも良いと思いますよ。

0

セルロイドのエメラルド(昔は単にグリーンだった)持ってます。 デスクペンとは全く違いますね。 またパイロットとプラチナでは研ぎ方が異なるので筆跡もかなり違います。 プラチナの安価なライン(プレピーとか)と3776では書き味が異なるので単純な比較はできません。 最低限5000円以上の金ペンを買って試すことになります。 どうしても気になるなら街に出て大きな文房具屋で試筆させてもらうしか無いです。 プラチナはあまりハズレはないと思いますが、思っていた書き味と違ったということは往々にして起こるので。 別の方も仰っていますが、セルロイドは取り扱い注意の危険物(よく燃える)なので、丁寧に扱いましょう。 手入れ時にアルコールの使用は厳禁です。

0

万年筆の筆圧を書けない感じの書き方が身に付いていて、インクを入れたまま放置しない、インクを混ぜないなどの基本的な知識があるのであれば全く問題無く使えると思います。 もし手入れや使用方法などが良く分からない場合は、ネットで調べてみると結構出てくるのでそこを見ればある程度は知識が付けられると思います インクカートリッジ式の万年筆ですので、ハードルはあまり高くないかと思います。 セルロイドの軸ですので、とても美しく、手の込んだものですが、劣化に注意です。 書き味としましては、デスクペンのようなカリカリとした感じではありません。 書き味はメーカーや素材より、ニブ(ペン先)の形状に左右されるので、値段やメーカーでは比較しづらいです。 個人的には万年筆はとても楽しいのでチャレンジしてみるのもひとつの手ではないかと思います。

0

自分ネットで買ってペン先折れてたからな〜。 高級万年筆探すなら事務キチだけどセルロイドなら蔦屋書店で見た事あるかも(中古のペンも取り扱ってるでかいところ) あとプラチナの高価なやつと安価なやつは全然書き味違います