ID非公開

2020/11/22 19:08

33回答

大相撲11月場所高景勝が優勝しました。この1年良かったと思えましたか?

大相撲36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

今年は古株ばっかり優勝で若手が情けなくてフレッシュさがありませんでしたね。 ○良い点 ・琴勝峰、霧馬山、豊昇龍、若隆景といった若手の活躍 ・朝乃山、正代の相次ぐ昇進で上位陣のガラガラを防止 ・照ノ富士の復活優勝、復活劇 ・北の若、北青鵬、夢道鵬、納谷、北天海の成長っぷり ・琴奨菊や栃煌山、豪栄道、豊ノ島がやっと引退してくれた。 ○悪い点 ・炎鵬が大関はおろか三役になれない。 ・御嶽海や正代、北勝富士、逸ノ城が未だ引退しない。 ・白鵬や鶴竜、栃ノ心、玉鷲、徳勝龍がズルズル相撲人生を延命させている。 ・貴景勝や正代が炎鵬や琴勝峰、霧馬山などの若手を叩き潰して世代交代を遅れさせた。 ・朝乃山や阿炎、隆の勝、貴景勝、大栄翔がいまだに引退する準備をしていない。 ・霧馬山や琴勝峰が貴景勝に引導を渡せなかった。 ・北の若が年内十両に上がれなかった。 などです。

ついでに悪い点はコロナによる観客不足、地方場所中止と夏場所中止、上位陣を含め休場力士が多すぎることも挙げられます。 初場所の注目は、白鵬、鶴竜、朝乃山、正代の進退問題でしょう。

1

良い点もあり、悪い点もあった相撲界だったと思いますが、いつもの年よりは盛り上がりに欠けましたね…コロナは仕方ないですが… ○良い点 ・朝乃山と正代の新大関誕生。 ・照ノ富士の復活 ・平成29年初場所以来となる貴景勝の大関優勝 ●悪い点 ・コロナによる観客不足 ・コロナによる夏場所中止 ・コロナによる地方場所での開催不可 ・横綱大関の休場が多すぎる (特に春場所しか皆勤していない白鵬鶴竜) 来場所の楽しみも沢山あります。 ・白鵬鶴竜の進退問題 ・貴景勝の綱取り ・照ノ富士の大関取り ・朝乃山と正代の奮起 ・若手の台頭(大栄翔、琴勝峰、豊昇龍、琴ノ若 他) 来年は通常開催になる事を願っています!

1人がナイス!しています