こもりびと、見ました。

ドラマ1,124閲覧

17人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

自分も身体を壊し失業していた時期がありました。こういう場合親含めて周囲の理解あまり得られないですよね。痛いところがあっても働けば治る、病気はたるんでいる奴がなる、とか言って。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

優れたご意見ばかりでしたが、実体験からドロップアウトした人の気持ちを理解されていると感じたのでBA差し上げます。

お礼日時:2020/11/30 6:32

その他の回答(8件)

3

タイトルが完全にイジってますよね おくりびとならぬこもりびと(笑) ただ内容は社会的で意義のある ドラマでしたね。

3人がナイス!しています

1

社会適用生×→社会適応性ですね。 そうでもないですよ。お金なかったら、引きこもりなんかできませんから。 あなたの認識の逆で、経済的に切羽詰まってなくても、心がついていけないという人のほうが大半です。逆に、経済的に行き詰って、という深刻な人は少ないと思います。

1人がナイス!しています

3

まあN局のドラマはドキュメント手法がうまい・・ 引きこもり自体日本という豊かな国の申し子 なのかもしれません。 貧しければ即餓死です。

3人がナイス!しています

4

氷河期国策不採用命令世代を取り上げてくれたことに感謝する。松山ケンイチと武田鉄矢と姪の女優の方。今あんな感じなんです。ドキュメンタリードラマでしたね。支援機関の当事者の方々が出ていました。いや甘い設定であくまでも娯楽ですが氷河期世代の今を取り上げたのは嬉しい。ちなみに40代以上のひきこもりの実数は100万人以上でしょう。今氷河期の生き残り失業者は実家住まいでひっそりと生きています。世代人口2000万人ですから大量に実はもっといるかもしれません。

4人がナイス!しています

山本太郎支持頼む。でも氷河期不採用世代とひきこもりの話は間に合わないかもしれんと私は私的には考えてます。読んだ方。ありがとうございました。

3

ドラマとしては話題性はあったと思います。 松ケンは大好きです。 でも見てて辛かったです。 あれよりも恵まれない環境でのひきこもりもいるからです。 親が死んでも家や土地があるのでお金には困りませんし。 原作も良かったと思います。 結構リアルでしたよ。 放映時間があるから割ととんとん拍子で進んでしまった印象が 現実はこうはうまくいかないだろうとか、もっと恵まれていないとか 感じさせてしまっただけだと思いますよ。 なかなか適度にかわいい出しゃばりの姪はいないし いくら習ってもいきなりスマホは使えないし お兄ちゃんが喪主を譲らないだろうし 好きな曲とか歌手とかあんなはっきりしたヒントをくれる子もいないだろうけれど 大きく見てあんな感じですよね。

3人がナイス!しています