NHK海外ドラマ「アンという名の少女」を観て、いかに日本のアニメ「赤毛のアン」が凄いか痛感しました。

補足

アニメ『赤毛のアン』アンやダイアナといった揺れ動く少女期の繊細な心理描写。生まれたての蝶の羽、ガラス細工の花びらのようにほんの少しの外界からの影響ですぐにでも壊れてしまいそうなナイーブな心情。少女独特の独りよがりの可愛らしさ。よくぞあそこまで読み取り表現できたものと思います。それにマシューやマリラの存在感。主題歌、演出、声優、音楽、画、どれを取っても奇跡のような作品です。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

先の回答者で『アンという名の少女』は原作からかなり変えられているから比較できないとおしゃっていますがアニメもかなりオリジナルエピソードが加えられているので改変・追加部分もアニメが優れているのでオリジナル部分も含めて充分比較できます。 おそらく追加部分を原作にあると思っておられると思います。それだけ凄いということです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

パチパチパチ!

お礼日時:2020/11/23 21:32

その他の回答(3件)

2

念のために述べておきますが、『アンという名の少女』は原作の『赤毛のアン』シリーズから結構変えられてる点がありますので、アニメの『赤毛のアン』と比べる意味は薄いですよ^^;

2人がナイス!しています

横から失礼します<(_ _)> Sakiさん、違いますよ。私もアニメ『赤毛のアン』が原作に忠実なアニメ化でないことくらいは知ってます^^; 単純に「過去の『赤毛のアン』シリーズの実写映画と比べるならともかく、同じ原作を別個にアレンジした『アンという名の少女』とアニメ『赤毛のアン』と比べる意味は薄い」という意味で述べさせていただきました^^;ゞ