回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/24 12:47

1010回答

核ゴミの最終処分場になった場合のデメリットを詳しく教えてください。

回答(10件)

0

“土地は先祖から譲り受けたものではなく、子孫から借りているものです。使用すれば、使用した人が、元の姿にして返さなければなりません。”という世界共通の“(土地)ルール”があります。 最終処分地にすれば、ほとんど永遠に元の姿に戻すことができません。永遠のデメリットとしてその土地では語り継がれます。

3

反原発活動家による、心無い風評被害が最大のデメリットでしょうね 福島原発事故で実被害よりも風評被害のほうが長期被害になってますし。

3人がナイス!しています

5

現下に置いては、300m以深への【地層処分】を政府や電力会社は考えている様でありますが、第2の手段が無い訳では無いと言える有力な手段が在るのであります。 高レベル放射性廃棄物(いわゆる『核のゴミ』の最終処理は、地下での【地層処分】では無く、【太陽系外への宇宙投機】に限るのであります。 https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/77 (核のごみ「地層処分ムリ」 日本学術会議でも解決見えず) 【地層処分】は日本学術会議が否定的見解を示しており、無理で在ると言明しているのであります。 https://blog.goo.ne.jp/orbitalelevator/e/a95f7cf40891068e721131133d7f6ebc (軌道エレベーター派 軌道エレベーターによる放射性廃棄物の処分(改訂版) (3)) 【(1) 高レベル放射性廃棄物を軌道エレベーターの海上基地まで輸送する (2) エレベーターのクルーザーに廃棄物を移し替える (3) クルーザーで宇宙へ持ち上げる (4) 末端から適切な角度で放出する (5) 放出された廃棄物は太陽の引力を脱して太陽系外の果てへ飛んでいく】 と言う手順で行えば、コストも最小限に抑えられるのであり、国際社会が一丸と成って協力すれば、相当に早い時期に実現するモノと思われるのであります。 従って、核のゴミの最終処分場に成る事で、デメリットは宇宙ですから無いのであり、ロケットを打ち上げて云々は○カとしか言い様が無いのであり、『軌道エレベーター』さえ造れば、後は太陽系外の宇宙の藻屑に成るだけなのであります。 何れに致しましても、【地層処分】は最悪の解であり、当然に寿都町や神恵内村での『文献調査』の受入で、北海道自体が【風評被害】を受ける事と成り、高知県東洋町が手を挙げ掛けたが住民運動と当時の橋本大二郎高知県知事が手を挙げさせなかったのであり、何処の自治体も手を挙げなかったのが現状なのであります。

画像

5人がナイス!しています