大学職員へ転職活動中。営業職→大学職員

転職94閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/30 19:09

その他の回答(1件)

0

営業職から大学職員に転職したものです。大学職員として、人事で採用担当の経験もあります。 私の転職理由は、営業の経験を活かし、研究支援や就職支援に携わりたいといったもので、ありふれた内容だったと思います。 採用担当の時に、面接官としても多くの志望理由に触れましたが、面接を通過した人が特別なことを言っているわけではありませんでした。理由のシナリオよりもやる気や熱意が大切だと思います。 採用を担当していた私からのアドバイスは、まず、質問者さんは、大学職員の面接に限ってだと思いますが、面接官が落とそうと思う何かしらの要因があり、それが何かをよく分析させると良いと思います。具体的には、模擬面接などで第三者からアドバイスを受けると良いと思います。 面接では、書類では見極められない、表情や仕草、覇気などから、その人の能力や可能性を推察します。 例えば、現職での悲壮感が面接で出てしまっていないでしょうか? 大学職員も実はストレスフルな職場です。この人は現職が辛くて大学職員に安住を求めていると面接官が邪推してしまうと、積極的に採用しようとは考えないと思います。いくら職場が辛くても、そこを見透かされないように気をつけてください。 例えば、仕事以外のことでストレスを緩和させてから面接に挑む、具体的には前日にジムでトレーニングしてから面接に行くとか、ふざけていると思われるかもしれませんが、案外効果的だったりします。 ご期待のアドバイスではなかったかもしれませんが、転職活動頑張ってください!

コメントありがとうございます。 営業職のどのような強みを活かせると仰っていたのですが、また大学職員を志望したきっかけや出会いは何だったんでしょうか。 ある程度実績を残してる為、その影響は少ないと思います。面接通過した数社では一次面接でストレスは感じた事なさそうだねと言われたこともあります。 転職理由の繋がりが弱いように感じていますが、深掘りをしてもなかなかいいものができません。