深夜ラジオの 歌うヘッドライトに次いで走れ歌謡曲の放送終了決定

ラジオ139閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

確かにおっしゃるように演歌をメインとした歌謡曲のラジオ番組は少なくなりましたよね。 在阪の放送局のラジオ番組でも同様なことがありました。 そして今、放送しているラジオ番組も演歌の曲が番組でかかるのは少なくなったとはいえ 番組のマンスリーミュージックでは演歌歌手の楽曲がピックアップされていますし、ゲストも演歌歌手が呼ばれている昔からの流れは変わってないと思います。 またその番組のリスナーは若い人よりは年配の方も引き続き聴いていると思いますので きっと来年4月から新しく始まる番組も演歌がかかるラジオ番組が始まるだろうと思います。 一曲でも演歌がかかるまたゲストに演歌歌手が出演されるラジオ番組はまだ望みがあると思って自分達ファンが応援して盛り上げていけば今後流れがいい方向に向かう可能性があると思います! ファンとしてやれるだけのことはやって それでもダメだったらあきらめるしかないと思いますが1%でも望みがある限り精いっぱい 応援している歌手を中心に演歌界を少しでも盛り上げていけたらと思います! そして次世代につなげるためにも今がふんばりどころだと思います。 長々と失礼しました。 https://www.abc1008.com/withyou/ ↑この番組が書かせていただいたラジオ番組です。大阪の放送局の番組ではありますが…。 参考になればとも思います。

0

NHK紅白と同じように若者向けのポップスを多く流すようになったからお年寄りが聞かなくなった事が大きく 影響してると思います。 かく言う自分もその中の一人です。

0

カーナビやスマホが普及して、いつでも交通情報が簡単に取得できてますし、深夜ラジオを聴く層も若者や深夜運転のドライバーから、NHKラジオ第一のラジオ深夜便を聴くシニアが増えてきたことが大きいかと。 あと、歌うヘッドライトが終了したのは、いすゞの経営悪化でのリストラの一環で、もう10年以上前の話です。