鉄道のコンテナ貨物列車について。省エネ等の利点は数えきれないくらいあると思いますが、欠点を挙げるとすればなんでしょうか?

鉄道、列車、駅 | エネルギー政策40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございました。ほかの回答者の方々も、ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/30 21:15

その他の回答(5件)

0

障害に弱いことです 台風や地震などで線路に被害が出ると長期間運休を余儀なくされることがあります 迂回路が万全ではないのでトラック輸送に比べて復旧に時間がかかります トラックは高速道路が通行止めになっても一般道を匠に駆使してすぐに運行を再開できますが鉄道は線路の復旧に時間がかかります

0

実は意外と効率が悪いこと。 5トンコンテナを5個積むコンテナ貨車の自重は、約40トンあります。 25トンの荷物を運ぶために、コンテナ+貨車の自重の計65トンを運ばなければならなりません。運んでいる荷物は、実際に運んでいる重さの4割に満たないのです。 もちろん、これはコンテナ貨物列車のみでなく、トラック等コンテナ輸送全般にあてはまりますが。

0

「コンテナ」の単位(20・10・5・2t)が決まっているので、中途半端な重量の場合は高くつく。 積み荷の「荷卸し」には、ある程度の広さが必要。