ID非公開

2020/11/26 0:31

55回答

ヴァイオリンを演奏されている方に質問です。

楽器全般 | クラシック130閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/30 1:09

その他の回答(4件)

0

私の場合、付属のCDがあったので、自分の頭の中に全てきれいに流れてくるまで何回も聞いてイメージトレーニングしてます。

0

それはもしかしてヴァイオリンの奏法のことではなくて、音階を作る音感が上手く頭の中に出来てないんじゃないでしょうか。もしくは一定のリズムで弾くリズム感が怪しいか。違ったら失礼。ポジション移動しながら音階を弾いたときに間違えた音を出したら、それは分かるんですよね。 どっかのヴァイオリニストさんが言ってたことの流用ですが、間違えたらそこだけ直して後に続けるんじゃなくて、もう一度初めから、またはキリのいい所からやり直して、今度は間違えないで通過するようにしないと、同じ間違いを何時もするだけで進歩しないそうです。 音階そのものが良く頭に入っていなかった場合、どうしたら良いのかしら。音階を楽音の音階として認識しているのではなく、指の位置で覚えちゃってるとか。たまにピアノでも何でも楽器の初心者に、楽譜から見た音を楽音として直接認識できずに、この指でここを押さえた音、みたいな覚え方をしている人がいます。もしかしてもしかして、そんなののまま今まで来ちゃったとか?。ポジション移動を色々していると、そういうのがゴッチャになって訳が分からなくなります。(違ってたら重ね重ね失礼。) ヴァイオリンで音階弾くのと同時に、声でドレミファソラシド等と一緒に歌ってみるとかで何とかならないかな。声のほうは多少下手でもいいです。

0

質問文に少し矛盾を感じるので果たして回答になるのか・・・ 楽器演奏なんて聞こえてくる音が全てです。楽譜を見て 脳内演奏できれば理想ですが、できないなら模範演奏を聴いて 音の並びを覚えるしかありません。曲全部が無理でも4小節くらいは なんとかなるのでは。もちろん楽譜を見ながら演奏します。 1st ポジションは開放弦に頼ったところがあるのでポジション チェンジすると1の指の位置決めを行うため一連の動作に連続性が なくなります。それは人間の感覚では自然なことです。 3rd でも全音半音に対する指の間隔が狭くなるので 音感に頼って押える位置を決めるしかありません。 結局慣れるしかないんでしょうね(あ、質問文の一部だ)。

0

音階 音を高低順に並べた音列 というのはきちんと理解できてますね。 ヴァイオリンのポジションとは、「バイオリンの「ポジション」とは、左手の1の指(人差し指)がどの位置にあるか示すものです。」 参考 https://www.eys-musicschool.com/media/violin-position/ 押さえる位置はフレットがないので、奏者が決めなくてはなりません。物理学的には、弦の長さを半分にすると、周波数が2倍になります。平均律では半音ごとに周波数が2の12乗根≒1.07倍になります。純正律はもっと複雑。押さえる位置を「長さ」の感覚で把握するのは人間には無理。音の高さを感じて、位置にフィードバックする必要があります。 ピアノは調律を調律師に任せますので、半音階に対応る鍵盤を叩けば、猫が踏んでも正しい高さの音が出ます。これを聴くことで音高・音程の感覚である音感が習得・向上し、ヴァイオリンの弦の長さを任意の音の高さに調整できるようになるという理屈ですね。 ポジションを移動すると、ポジションを起点として音階の位置が「相対的」に変化します。周波数・弦長は「比」で決まることに注意しましょう。音の高さの比を「音感で感じる」のがコツ。理論は感覚の説明なのですから。