ID非公開

2020/11/27 22:10

55回答

苗字と屋号は、合致するものですか?

日本史 | 役所、手続き29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。確かにその通りです。

お礼日時:2020/11/28 20:21

その他の回答(4件)

1

いや別に特に規定はありません。屋号を苗字にした者とか元々苗字持っていたけど、明治に入って苗字を新しくした庶民とかもたくさんいたようです。商人は屋号を苗字の代わりにしていたらしいから商家は屋号を明治に入って苗字登録したパターンが多いのかもしれません。

1人がナイス!しています

1

合致しません。屋号を持っている家のほうが少ないです。地方の集落で同姓が多い場合やごく近くに本家とたくさんの分家が集住している場合は区別のために屋号を付けて区別しました。

1人がナイス!しています

2

一応は無関係。 明治になって多くの人が苗字付けるのが義務になり、屋号を苗字にした人も多いです。 坂本龍馬の本家は苗字帯刀許され、苗字を大浜としましたが、屋号は才谷屋です。 色々です。

2人がナイス!しています

1

戸籍上の苗字は、自由につけられました。 江戸時代から苗字を許されていた家でも、 さまざまな事情で、明治時代に改姓した人も多くいました。 だから、屋号と苗字も関係ありません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/27 22:42

大和屋の大和さんや山本さんが、登録ときに親戚だから、合わせるわけじゃないんですね。ちなみに母の住んでた村は皆んな同姓ですが、親戚ではありません。