結婚に伴い家電一式を買うので値引交渉します。

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

値引き交渉の行方なんて結果論だと思うけどな。売上を上げたい時期は店によって違うこともあるし、品目による差もあるだろう。そもそも「3月の決算セール」って何なのかな? すべての販売店が3月決算であるという認識は俺には無いし、決算セール狙いの客は見方を変えれば店にとってはカモかも知れないじゃないか。わざわざ購入時期をそこに合わせてきたということは、売る側にしてみれば空振りナシのちょろい客だとも言える。 必要なものは必要な時に買うのが一番だと思うよ。あとは、大型家電は基本的に1年ごとにモデルチェンジするものが多く、その時期も必ずしも一定ではない。例えば、以前俺が冷蔵庫を買い替えようと思った時、ちょうど第一候補にしていた機種が新型に入れ替わる時期だった。店舗に行ったら「残りあと5台!」みたいなポップが掲示されていて価格も十分こなれていたんだが、搬入経路や設置スペースをしっかり確認してから決めようとその日は見送り、翌日また同じ店に行ったら既に完売。他の店に行ってもダメで、各社オンラインストアを見ても同程度の価格で出ているものは無くなっていた。同じ店に翌々週ぐらいに行くと再び在庫アリと表示されていたが、価格が前回より高く表示されていたので店員に交渉したところ、あの時の価格は特別価格だったので今はムリですとけんもほろろの回答。2月ぐらいのことだったかな。比較サイトをみるとその機種は10月頃から急激に値下がりしていた様で、買い時としては11月~12月頃だった様だ。年を越すと運が良ければ在庫処分品を破格で買える可能性があったが、俺みたいに取り逃す可能性もあるということだ。 まとめ買いで値引き率が上がるという考え方も決して確実ではあるまい。新生活で一式揃えなきゃならないんですなんて言った日にゃ、足元をみられても不思議は無い。少しでも安く買い揃えたいなら、品目ごとに最安値を(過去にも遡って)調べてみて、貴方なりの希望額を一応の「予算」として持っておくといい。その上で店に行って「今すべて買うかどうかも価格次第で検討するが、最終的にはこの予算範囲内で納めたい」とでも相談すれば、そのまんま応じてくれるかも知れないし、ダメならダメで単品での交渉には繋ぐことができる。そうすりゃ12月でも3月でも結果に大した違いは出ないと思うよ。差が出るとすれば既述の通り、在庫の有無で目当ての機種が手に入るかどうかの差異の方がでかい筈だ。