先日、車検後の6カ月点検?の為にディーラーに車を持って行きました。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

エンジンオイルは年間1万キロは走らないんで半年に1回、今年は車検の3月と11月に代えました。6カ月点検だったのですが、時期が合わなかったので.... 普段乗るときにカラカラ音などは聞こえたりした事は無かったです。

その他の回答(8件)

1

乗用車の点検サイクルは1年ごとです、それすらやらず車検しかやらない人もいる中、6ヶ月点検をやり、オイル交換も半年程度でやっていたなら、オイルが固まるような事は有りません 普通以上に整備がされていたと言う事 これでエンジンが壊れるとしたら、エンジン自体に問題があるとか、交換していたオイルが間違った物を入れていたとか、わざと何か悪い物を入れたとか、とにかく普通では起こらない事です、整備工場に納得の行く説明をしてもらった方が良いし、なんなら別のマツダ系じゃ無い工場で調べた方が良い

1人がナイス!しています

可能性としてあり得るのが、整備工場でオイルを抜いて、入れ忘れた、フラッシング剤を入れたまま、オイル交換しないで、渡されたなど、工場の整備ミス それをオイルが固まったとごまかしている

0

こんにちは。 >エンジン内のオイルが固まって 何もしないでこのような事になることは無いです。 使用したオイルに原因が有るのかオイル交換の際にオイルが凝固するような添加物を入れたとか何かしらの原因が有るはずですよ。 何か思い当たる節は無いのですか?

父親がTOYOTAの整備士をしてて、動かなくなった時に相談したら 「これで、エンジンオイルを交換したのか?」 と言っていました。 その時は、そこまで深刻な状態だと知らず、点検で交換したと伝えましたが、今おもうと新品の色(オレンジ?)とは違った色がしていたとおもいます。 点検のさいに、エンジンオイルの交換と、追加でディーゼル車なの燃焼したカスを取り除く作業や、燃費が良くなるオイル?を追加料金を払ってして貰ったくらいしかありません。

1

長年車に乗ってますが、初めて聞きました。 ところで、運転前にその固まったオイルをご自身でも確認しましたか? 「運行前点検」という言葉があるように、運転手も自ら点検しないとダメなんですよ。

1人がナイス!しています