ID非公開

2020/11/30 0:26

77回答

ふと気になったのですが、西洋の剣と日本の刀は実際にはどっちが強いのですか?知ってる方がいたら教えてください。

日本史37閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 簡潔でわかりやすかったです!

お礼日時:2020/12/2 20:44

その他の回答(6件)

2

ゴノレフさんに補足の形で あなたがイメージしているであろう西洋剣はざっくりいうとやや重ための日本刀程度のショートソード(レイピア、ファルシオンなども同じような重量)それより少し重たいロングソード、更に重たいグレートソード、ツーハンデッドソードがあるが、普通いずれも持ち手近くに重心があるので実重量よりはるかに軽く感じられる。 あとレイピアは細いというより幅が狭い。普通に切れるし普通に攻撃を受けられる。レイピアの弱点は片手使いなのに長すぎて小回りが効かないことや、殺傷力が高い代わりにストッピングパワー(相手を動けなくする力)が低いこと。 西洋剣でも引き切りや骨まで斬れる、柔らかくて折れにくいと言うのは(個体差はあるが)そのとおりです。 攻撃を受ける時はもちろん、斬った時の衝撃を和らげてくれる。 ある程度硬い物と物がぶつかれば反動でぶつかった側にもダメージがあり、もちろん日本刀もレーザーブレードじゃあるまいしその負荷はかかる。 日本刀は個体差が大きいが、概ね重心がもう少し前の方にあり実重量より重たく感じる。 他にも色々あるけど、単純に決められる物ではない。その状況で有利な条件でより強い人間が勝つ。 はるかにリーチが長いグレートソードなら日本刀より強いと思うけど。 耐久力は別にして構造的にはむしろ日本刀の方が、刃が通らない対象を力任せに斬ることに向いてるはず。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/2 20:27

ありがとうございます! より詳しく知れて良かったです

1

西洋の剣といっても、重量級のソードから軽量のレイピアまである。 重さのソードなら日本刀を叩き折るだろうが、細身のレイピアなら逆になる。 ただこれは刀同士を単純にぶつけただけ。 それぞれの国の訓練を受けた剣士がフル装備で戦う場合は、勝敗はわからない。

画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/2 20:37

いろんな種類の剣があることがわかりました。ありがとうございます!

1

剣道と、フェンシングで試合をしたそうです。 剣道のぼろ負けだったそうです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/2 20:38

そんな試合があったんですねw ありがとうございます。

1

何をもって強いとするか。 鎧着てるなら西洋剣。日本刀は刺突するにも隙間を狙うことが求められるが、西洋剣は横薙ぎにふれば、重量で骨を折れる。 鎧なしならおそらく刀。重量がない分早く斬れる。 ただし、同じような大きさ、細さの剣同士なら大して変わらないと思われる。せいぜい日本刀の方が切れ味が良いくらいで、あとは使い手の技量次第

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/2 20:41

なるほど、やっぱり使い手次第なんですね。ありがとうございます

1

日本は、鎌倉時代に独自の刀を開発、絶頂期になります。たぶん」世界一よく切れる刃物を開発しています。 西洋では刃先が無いので突く形だとか弓やを用いています。日本は弓矢で弱らせるより、叩き切ったほうが速いという文化です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/2 20:42

へぇ〜日本の技術って昔からすごかったんですね! ありがとうございます