ID非公開

2020/12/4 10:13

22回答

住宅以外の建物の売却を固定資産税評価額で検討しています。築20年程度の木造家屋です。

不動産 | 税金15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 償却方法にも固定資産税と所得税とでは差があるのですね。 参考に申告準備をします。

お礼日時:2020/12/4 11:43

その他の回答(1件)

0

建物の売却に伴って、土地の売却(又は借地権の設定)が必要だと思います。 借地権の設定にあたり、土地価額の1/2以上の権利金があれば、譲渡所得になります。 建物の現実的な取引価額としては、築15年以上であればほぼ0円です。場合によっては、上物があることによって、土地の売却代金が削減されることもあり、建物の売却による利益なんて出ないことが多いです。 しかし、土地部分の譲渡は違います。 なので、試験等の設問によってはそのとおりですが、実際には、それに伴う土地の譲渡で譲渡益となれば課税されます。 なお、土地の値上がりは地域性があり、実際には土地によって異なりますから、場所、取得時期によるというのが答でしょう。