楽天カードを楽天ゴールドカードへと変更を検討しているのですが、色々、

補足

多分 11万*0.02(プラス2倍で)=2200円 という計算からの答えですかね(*^。^*)

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ありがとうございます。 11万というのはあくまでポイント2倍における金額で換算した場合で 0と5のつく日やポイントマラソン等と併用することにより、11万円という金額は指数関数的(照に下がって行くと思うのですがどうですかね(*^。^*) わかりますづらくてすみません(>_<)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 難しいながらも、少し納得できました。 また、機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2020/12/7 14:32

その他の回答(1件)

1

もともとこのカードは、航空マイルをためている人に向けて設計したカードです。 例えば楽天で11万通常ポイントをANAに交換すると、羽田ニューヨークをエコノミーで往復できます。 しかし楽天カードでは1%還元でとても足りないので、マイルのカード(ANAカードなど)は2%還元以上で年会費有料という形になっています。 またアメックスや三井住友カードなど、プラチナカード(楽天だと楽天ブラックカードに相当する)だと、コンシェルジェサービスやレストランホテル優待サービスを受けられます。 彼らは楽天カードをメインにはできません。彼らに使ってもらおうと、 ・楽天ゴールドカード(国内空港ラウンジ) ・楽天プレミアムカード(海外空港ラウンジ) ・楽天ブラックカード(マスターカードのコンシェルジェサービス) などをつけています。 楽天ゴールドは年会費が安すぎたので、国内空港ラウンジの回数制限ができました。一応SPUも増やして、一般の人にも持ってもらおうとしています。 プレミアムカードは、年会費が1万円ですが、海外空港ラウンジが使えます。ANAだと年会費が8万円程度になりますので、雲泥の差です。 ブラックカードは招待制で、正直なところあまりいいカードではないかもしれません。年会費3万円台なので、コンシェルジェサービスの人件費をかけられない点があります。 ===------ ちなみに今週ANAは2500マイル(5000楽天通常ポイント)で羽田伊丹に搭乗できるようにしています。史上最安値だと思います。 https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/promo/wa_t/ これらを見ると、マイラー的には、楽天のポイントはそのまま楽天で使わない(期間限定は別ですが)になります。

1人がナイス!しています