ここから本文です

任意入院,医療保護入院,措置入院の違いをわかりやすく教えてください。

s64********さん

2009/2/2622:41:20

任意入院,医療保護入院,措置入院の違いをわかりやすく教えてください。

閲覧数:
48,880
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2009/3/101:27:10

①任意入院
患者さんの同意による入院。(入院したい!等)


②医療保護入院
主治医から、医療と看護の為にも、「入院が必要」と病状説明があっても、患者さん自身が入院に【同意しない】。
(自分は病気ではない!だから、入院は必要ない!!と確信している等)
その場合、【保護者(親や兄弟、子等)の同意】によって、入院させることができる強制入院。

⇒簡単に言うと、本人の同意ではなく、保護者の同意による強制的な入院です(治療の為ですよ)。


③措置入院
本人、親等の「保護者」がなんと言おうが、、、
医師2名が診察した結果、「入院して治療しなければならない」と判断した入院形態です。

これには、【行政】が関わってきます。
正しくは、都道府県知事の権限による行政処分による入院です。
(が、逐一「知事」に入院の確認を取っているわけではないですよ。)


通常、任意入院や医療保護入院の判断をするのは、医者1名です。

措置に関しては、「行政が絡む」強制的な入院のため、A病院の△先生、B病院の□先生による、違う病院の「2名の医者」 が判断します。

全く違う病院の医者が、同じ患者さんを診察して、「入院が必要」と判断した時に限って、措置入院になります。

2名のうち、1人でも「入院は必要ない」と判断すると、措置入院ではなくなります。

だいたい、その場合は、措置崩れの、医療保護入院になると思います。


結局、簡潔に伝えられなかったですが、こういった入院形態になります。
分かりづらくて、すみません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「措置入院」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bel********さん

2009/2/2623:06:58

まず、措置入院から、措置入院は、東京都であれば、都知事が、他府県であれば各自治体の知事の決定の下、強制的に入院をする形態の入院をいいます、そして、各自治体が指定した医師の判断を基本にして決まり、また、指定医の判断の下に退院が決まります、おおむね精神科入院患者に対応する入院形態ですね、次に医療保護入院、医療保護入院は、入院が必要、と医師側が考えた患者さんに対して、医師が退院を決定できる形態の入院ですが、入院が必要な患者さんの保護者の承諾が無いと医師側に入院の必要有り、という考えがあっても、できません、そして、任意入院は、患者さんと医師の双方の合意があり、患者さんが入院し、退院は患者さんにも決定権があります、骨折や盲腸の手術などでも「退院したいから」と退院する患者さんも、ま、中にはいますよね、でも、通常は担当医師に、いつ退院するかを双方の合意で確認して退院すると思います、こんな感じです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる