回答(5件)

0

愛媛に住んでるなら芦原がお勧めですが関東圏に住んでるなら極真がお勧めです。

0

空手歴30年です。 途中で伝統流派からフルコンに流派代えしました。空手に何をもとめ、何をやりたいのかで違ってきますが、フルコンのほうが面白いと感じました。 極真は稽古体系も確立されていますが、会費は高いです。型や基本を中心に考えるなら糸東流系もいいと思います。いずれにしても、近くに良い師範がいる空手道場があれば良いですね。

0

見学されて、お好きな方を。先生の人格、道場の雰囲気,道場生、技・・・これらを自分の好みで。 ご参考に、事実を。 極真・・・松濤館、剛柔などの伝統空手を学んだ、大山某が師を裏切り、その空手を侮辱し、自作したモノ。型もやっているが、伝統とは似て非なる物。 芦原・・・極真を学んだ芦原氏が、独立し自作したもの。極真とは全くの別物。 糸東・・・初代マブニ先生が師事した、糸洲先生、東恩納先生の名前を頂戴し、両先生に忠実に編集したもの。2代目マブニ先生がなくなり、3代目は宗家を継いでいるものの、空手は師範クラスではない。2代目の弟子、孫弟子が糸東会を作り、勝手に型の変更などをやられている様子。全空連に加盟しており、オリンピックなども可能。スポーツ化が進んでいる。エアギター的なプレイヤーが多いかも。

0

技術的には芦原会館の方が実戦的ですが、極真の方が圧倒的に層が厚くレベルも高いので、極真を習った方が結果的に強くなりやすいと思います。

0

空手よりも総合格闘技の方が実践的で最強です。 理由は急所攻撃以外、何でもありだからです。 空手は立ち技専門の限定格闘技です。 しかも寸止めだったり防具付だったりで格闘技としてはヌルいです。 そういうことをきちんと認識したうえで、例えば最終的に総合格闘技やる目的で、単なるステップや手段としてやるのはアリだと思います。 総合格闘技はまだ歴史が浅いので細かい指導法や訓練方法が確立していない部分が多いのです。 空手の流派については自分の好みでいいと思います。 実際に練習を見学して雰囲気が自分に合っていることを確認することをお勧めします。