長町利府活断層 は現在どんな状況ですか : :

補足

皆さんのご回答、ありがとうございます。 東北地方太平洋沖巨大地震で長町利府断層のストレスも或る程度解消されたと推定します。巨大地震により同断層の深部で部分的な地震が発生しましたが、全面的な断層ズレは起こらなかった。次回の巨大地震が数百年後に起こるときは、長町利府断層も活動すると推測します。

地震 | 防災45閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

どの断層がどれだけ切迫しているかを知ることはできません。ですからいつ揺れるかを気にするのではなくいつ揺れてもよいような準備をしておくのがよいです。 家の内外を安全にしておけば地震で命を落とすことはありません。まずそれを目指しましょう。

0

過去4~5万年で最低3回ほど動きました。 わかっている限りの最も新しい活動は、約1万6000年ほど前です。 平均活動間隔は約3000年程度ですから、それ以外にも、なんども動いているはずですが、いつどのように動いたかは、一切、わかっていません。 1736年に仙台で揺れていますが、この断層が動いたかどうかは不明。 要するに、記録がなさすぎて、よくわかっていません。 おそらく、当分は動かないでくれるだろう、という程度です。 あえて数字を出せば、今後30年間に動く確率は、1%以下。 想定最大震度は震度6強。ごく一部で震度7。