ID非公開

2021/1/4 2:43

33回答

250枚です。

補足

すみません、100枚でした。

石油、天然ガス | エネルギー、資源13閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

核融合と言いましても、今の核分裂型原発と同じで、単機出力はタービンによって制限され、重厚長大で、低効率、出力制御不能、起動停止バクダイ時間要、環境破壊兵器?であって、何も変わらないと思います。付属設備が大きく出力の割には図体がでっかくなるだけではないでしょうか。 日本では、作ったはいいが、また、使えないみたいな、大問題が起きることは必定と思います。 なお、石油・天然ガス・石炭は、グレタちゃん・国連事務総長・WHO・小泉進二郎さんんが、使いたくても使いにくくするでしょうし、再エネ(水素含む)を主力にするしかないと思います。 なお、下の方がいろいろ書いておられますが、核融合炉が目指すのは、発電でありまして、電気に○○用気などありません。馬鹿な原発推進派さんが創った作り話です。電気でできるものは、何の電気であってもできます。 出来ないものはできない。 用・・・生後しゅなにも変わらないと思います。、

末尾に変なのがついていましたごめんなさい。 人貨を運搬するのに自転車・バイク・トラック・電車・新幹線・飛行機・船舶などがありますが、どれが良いかは言えませんよね。 発電所もいっしょなんです。 ただ、ラーメン配達するのに飛行機はつかえませませんが、絶対できないのかってのも嘘になると思います。朝トレの鮮魚がその日のうちに宴会好きのトキョウ人に届く時代だすから。 まあ、泊原発のように大は小を兼ねるという発想は困ったものですが、塵も積もれば山となるは、小型・分散電源で地産地消にも役立ち、原発などにくらべて電力の安定供給・電力網の効率的利用になると思われます。 安心・安全・経済・環境配慮から、極めて効率の悪い・危険な原発に反対するのは自由だと思いますけれど、別に自分に害もない発電所での電源構成や、営利目的の民間企業の電源などに、何の知識もない政治家や一般人が、口出しするのはどんなものでしょうか

1

使われ続けます 何故なら 水素より 炭化水素(化学合成石油) のほうが プラスチック原料としても ジェット燃料としても 船舶燃料としても 自動車燃料としても すぐれているからです 水素文明などというものは 永久に来ないで 炭化水素文明のまま 天然石油から 化学合成石油に切り替わるだけです そして核融合は 発電よりも 製鉄や セメント焼成 人造石油化学合成など化学の 化学反応熱源として 主用されて 発電の主力は 再エネのままだと思います なぜならメガソーラーで製鉄はできないから 化石燃料が枯渇高騰したあとの 大規模工業熱源は 高温ガス炉→核融合炉に 頼らざるをえないからです

1人がナイス!しています