新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

現在コロナウイルスの濃厚接触者として14日間の自宅待機を要請されています。 しかし旦那の会社ではコロナウイルスによる休みは

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

沢山のご意見参考になりましたが、一番現実的な回答でしたのでベストアンサーにさせてもらいました… 実際濃厚接触者となり、現実を知りましたが陽性者は熱だけの軽症なら薬も出されず10日たったら再検査もせず社会復帰するという事実や、なんの補償、特別給付もないという事を思い知らされました… 陽性者を再検査せず10日たったら社会復帰させるなら陰性者の自宅待機は意味があるのか…なんだか腑に落ちません…

お礼日時:1/5 13:05

その他の回答(6件)

0

労基法を持ち出し2週間前に申請しなければ使えないと制約する事は無効と言っている人が居ますが残念ながら必ずしも無効とは言えません。厚労省は労働者に不利にならない範囲で期限を定める事を認めています。理由は直前に申請された場合代わりの確保が難しい、時季変更権が行使しづらい事です。2週間前が労働者に不利になるかは判断が分かれるところですし最終的には裁判所が判断する事なのであくまでも私見ですが不利になる可能性はないでしょう思います。後は会社と話し合いするしか有りません。

0

・有給ですが、コロナ禍で会社も資金繰りが苦しく、使わせて貰えないという話も伺いました。法的にOKでも会社規定に反するならばグレー、強行使用するならば風当たりが強くなる可能性もあり、何ともいえません。 ※権利を行使すべきとも思いますし、行使ばかり主張するのもどうかとも思います。後者は会社に煙たがられる・同僚と馬が合わない方が多いというのが個人的意見なんですが。こればっかりは、社風によりますよね。 ・国の期間に相談に行き、利用できる制度や貸付がないか聞いてみてください。 ・文面伺うかぎりは、まだ優遇されている方なのではと感じました。休業手当ない、傷病手当の案内ない、という会社はザラに聞きます。

0

有休は労働者が請求する時季に与えなければならないので(労働基準法第39条第5項)、「有給休暇は2週間前に申請していただかないと使えません」と規制することはできません。前日までに本人が請求した場合、会社は取得させる義務があります。つまり、そのような制限規定は法的に無効です。 ただし、有休は労働日にしか取得できないので、会社が先に休業を命じた場合は有休を取得できません。

0

そういうときの為に貯金ってするものなのでしょうね。 1ヶ月収入が少なくなるということで、なるべくクレジットカード払いにして耐えたら良いと思います。

0

有給休暇は、そもそも出勤日にしか使えないことになっています。 なので、休業などで出勤を免除されてしまうと逆に有給休暇が使えないということになるみたいです。 逆に、有給休暇を認めるということは、会社は濃厚接触者であるにもかかわらず、出勤させようとしていたということになってしまうというのが、問題の一つなのではないかと。