回答受付が終了しました

ハンドメイド品のデザインを模倣、盗むのはいけない、とみなさん言われてますが、あれは仲間内のルール?みたいなものなんでしょうか?

手芸 | 法律相談358閲覧

回答(5件)

3

過去現在、あちこちでハンドメイドのパクり紛争が起きています。 ありふれたデザインの物でもパクられたと酷く騒いでライバルを徹底的に攻撃し排除する人や、オリジナリティがある作品の新作を出す度にそれを真似したり、自分のほうがオリジナルだと主張してくる人がいます。 こういう厄介な人に当たると対応が本当に大変そうなので、例え法律違反に当たらずとも実害が無いとは言えません。 そういうトラブルが起きた時に対応できる様に、オリジナルの物だったら自分が先発だと分かる様な証拠を取っておいたり、模倣禁止の文言を書いておくなど対策はしておいた方が良いと言う事です。

3人がナイス!しています

なるほど。なかなかに泥沼な話があるんですね。 しかし単純な疑問なんですが、そこで起こる模倣って嫌がらせとかこじらせた自己顕示欲とか、そんなものでしょうか? それともコピーでも売れてしまうのでうまみがある、という状況なのでしょうか?  あと、先にデザインしたのは私です、という主張はどうやって証明するのでしょうか? 質問多くてすみません。

1

仲間うちのルールとは、言い切れないと思います。 仲間うちのルールならG &Rの模倣も問題にならず販売できているでしょう。 販売していて企業がわざわざ盗作目的で作家の作品を見にきたりもあり 実際に丸パクリもあります。 個人作家だと裁判できないのを 見越しているのだと思います。 私は、かなり特殊なデザインと技法で製作しているので企業もよって来ませんでしたが布作家さんは、写真を撮られまくりで可哀想だった事がありました。 実際に かなりの模倣は、あり防ぐのは、無理だと思います。 ただ、最近は、個人作家でも権利登録をしている方も増えてきているので場合によっては、法的に問題になる可能性もあります。 ブランドだと裁判になるより逮捕されている印象です。 シャネルねボタンをアクセサリーなどに加工して販売している作家が逮捕されたりがあるようですしアニメのハンドメイドも逮捕されています。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10151607815 バッグのデザインで裁判になったりもしています。(訴えた側が敗訴しています。) 裁判や逮捕より 作品を見た方々からの攻撃の方が怖いと思います。 それほど、認知度がなくても見た方が権利者に通報したり書き込みされたりがあるからです。 確かに何かに影響を受けて作るのですが問題なのは、明らかな模倣だと思います。 私のまわりでも模倣があり叩かれるのは、明らかな模倣です。 オリジナル性がまったくない場合は、叩かれても仕方ないと思います。 私も かなり昔に丸パクリをされましたが知人だった事もあり実害よりショックでした。 最近は、だいぶ慣れましたが。 真似されると思っていますし 初対面の方に真似してます。って言われた事もあります。 できれば、 模倣しないでください って書きたくないのですが 一応、デザインの権利放棄していないと表示する為に書いています。 書いていても書いてなくても模倣する方は、模倣するので模倣を防ぐ事は、できないと思っています。 デザインが降ってこない方もいて でもハンドメイド販売したい方々は、模倣するしかないのだと思います。 自分で考えるより模倣したら楽ですからね。

1人がナイス!しています

5

整理しましょう。 「法的に問題がある」 そもそも作り方からオリジナルで、意匠権などで登録済み これは大問題になる可能性が大きいですよね。 キャラクターも、商標登録までしてあるようなキャラクターなら、 実際に逮捕されています。 最近もスヌーピーで逮捕がありました。 ブランド物の包装紙でバッグや、リボンでストラップを 依頼されて作った業者が逮捕された事件も、十数年前(二十年経つかも)になりますがあったと思います。 「登録していない、オリジナルと称している」 称している、レベルだと思います。 特に他と一線を画すような、その方の独自なものがあって、 しかも「これ、真似だよね」と誰もが思うもの。 今はネットで誰もが情報や意見を発信できるので、 そういうところでファンだったり、たまたま見ただけの人でも簡単に <こういう酷い模倣があります。ダメですよね>とか書かれたら? 大変ですよね。大炎上して、販売はおろか、反論すら出来ないかも。 むしろ反論したら、もっと大変になるかもしれません。 レベルが低いオリジナルの場合、 特に「誰もが使う技法で、オリジナルと称しているだけ」 問題ないです。 昔からある技法で、誰でも作っているようなもので、 誰でも思いつくようなデザイン、色合わせなら、笑われて 終わり、かもしれません。 これ以外に、こちらでもよく質問が上がるのが、 「作り方本の作り方やデザインをそのままとか、 少し変えたものを販売するのは問題がないのでは」と いうものです。 そもそもが、ちょっと大丈夫かな、読解力が足りないかな、と 思うこともあります。 たいていが本の前や後ろに、「この本の作品を模倣して販売などしないで」 と編集部や作者からの言葉があります。 法的に問題があるのか?と思うかもしれませんが、 そもそも本になってるものを、真似して作って売って、 嬉しいかということもありますし、本になっていたら、 著作権などが関係して来るのでは、と警戒するのが普通だし、 「バザーやフリマで販売して貰っていいですよ」 「商用オッケーですよ」という本もあるのですから、 そういう本を利用して欲しいです。 私がずっとブログやTwitterを拝見している作家さんも、 「商用利用可」とちゃんと「著作権フリーですよ」と謳っている ご本を、親切にも出版されています。 そういうのを利用して、色合わせなどでオリジナリティを出して 勝負したらいいのではないでしょうか。 こういう意見を、「仲間内の暗黙の了解だけでしょ? 法的に問題がないならどんどんやっていいと思う」と 思われるなら、それでいいですし、やってみればいいですし、 心配なら法律家に相談するといいです。 ただ、法律家の方でも、極端な意見の持ち主にうっかり聞くと、 一般的な判例とかは調べないで、「こうなら大丈夫なはず」と 言われたりして、結局警告されたり、極端な利益を得たりすると 逮捕なんてことにもなりかねませんので、それはご注意された方が いいと思います。 こちらでも、「商用利用しないで」と書かれている布は、 むしろ「法律違反」という極端な意見が時々見られましたが、 実際に最近でも逮捕されてる例があります。

5人がナイス!しています

詳しくありがとうございます! ただひとつ気になったのですが、最後の商用利用しないでと書かれているの布を使って逮捕された例があるというのは本当なのでしょうか? 自分もあれは法律的には問題ないという認識だったので気になります。もしよかったらソースを提示していただけないでしょうか? (そう書かれているサイトなどで構わないので)

2

一般の人が真似はよくないというのは、「楽して儲けるのはズルい」という考えが昔からあるからだと思います。 (実際には一概にダメだとは思いませんが) 法的な話で言えば、権利を主張するには商標登録や意匠登録することが必要です。ですが、意匠登録には数十万円の費用がかかります。アニメキャラクターや有名ブランドは商標登録や意匠登録をしているので、盗用されることは少ないですよね。 ですが、ハンドメイド品は工業製品ではないので登録ができなかったり、高額な費用を払うことができませんし、がんばって登録しても少しだけデザインを変えて盗用されたら訴訟で争うことになり、また費用がかかります。 ですから、実質的には盗用された側が泣き寝入りすることにわけです。 それを法的にはアウトではないと言えばそうなのですが、やはり、なんだかズルいですよね。だからダメだと言われるのだと思います。 実際に、個人作家の作品や小さなメーカーの作品を模倣するメーカーもありますが倫理観の欠けた会社だなと思います。 作る側から言えば、そもそも自分の作品を売りたいわけですから、盗用して売れてもうれしくないし、そうやって稼いだ人がいてもうらやましくはないので、ルールというか、倫理観とか作家のプライドもあるだろうと思います。

2人がナイス!しています

3

窃盗とか放火とかのように法律で取り締まることができないので、、 自分がオリジナルだ!という主張は親告罪になってます。 模倣しないで、と書いてある場合 訴えられる可能性があるということです。 訴えられたら、訴えられた方も弁護士に頼むしかない 裁判の勝敗に関わらず多額の出費がかかります。 実害がでます。

3人がナイス!しています