ここから本文です

なぜ空気は透明なのでしょうか?

adf********さん

2009/3/114:12:38

なぜ空気は透明なのでしょうか?

閲覧数:
6,196
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

エルさん

2009/3/115:10:05

たしかに、空気は酸素と窒素のしゅうごうたいで、それぞれは無色です。

ではなぜ酸素と窒素は透明なのでしょう?

まず、透明とそうでない者の違いですが、
透明は光を透過させるもの。
そうでないものは光を反射させるものです。

また、色が付いている状態とは、ある色が吸収されて、その補色が見えているのです。

つまり、光が透過して、かつ吸収されなければ透明なままなのです。

酸素や窒素は分子が小さく、光が分子の間をすり抜けて、光は透過できるので透明であり、かつ吸収しないので無色、なのです。
雲は水分子の集合体で、光を透過しないので透明でなく、光を反射し、かつ吸収しないので、白色です。

リンゴは、分子の塊で、光を透過しないので透明でなく、緑を吸収して、他の色を反射するので赤色です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sat********さん

2009/3/602:17:11

光を反射しないからです。
赤く見えてるものは赤い色だけを反射して
青く見えてる海や空は青い色だけを反射してるからああいう色に見えてるんです。

pinokoさん

2009/3/116:38:06

空気の成分は、窒素と酸素、水蒸気、二酸化炭素です。
気体は単分子です。単分子の大きさは、直線型分子の二酸化炭素を例にすると3オングストローム位です。
3オングストロームは、0.3nmです。可視光の波長は、400~800nmです。光の波長よりも気体分子の大きさははるかに小さいので可視光を吸収することはありません。また、これらの分子の原子同士の結合部の伸縮振動により、特定波長の光を吸収しますが可視光領域ではありません。赤外線領域に、二酸化炭素、水の吸収が観察されます。これは、目に見えない波長の光であり透明に見えます。

dai********さん

2009/3/114:29:05

ピンク色だったら、なんだか世の中バラ色な感じで、なんだかステキ過ぎて人類が滅亡しそうじゃないですか^^

・・・という冗談はさておき・・・

空気を主成分である、窒素・酸素が無色透明だからですね。

同じような論理で、

なぜ空気は無臭なのでしょうか?というのがありますが、

・・・もし、空気が屁の臭いをしてたら、なんだか毒ガス攻撃を受けている気がして、なんだか切なくて人類が滅亡しそうじゃないですか^^

・・・ではなく、空気の主成分である、窒素・酸素が無臭だから、ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる