学校の先生を「お母さん」と間違えて、呼んでしまった話は聞いたことがあります。 「お父さん」と間違えた話などは、聞いたことがありますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/9 1:48

その他の回答(3件)

0

4年生くらいまでの子どもたちは、担任の教員ことを「お母さん」と言い間違えてしまうことが時々あります。例え、担任の教員が男性であっても、担任の教員ことを「お母さん」と言い間違えてしまうことすらあります。 小学生の子どもたちにとっては、担任の性別に関係なく、担任の教員の中に父性とともに母性も感じ取るのでしょう。 なお、母親と子どもは深く強い絆で結ばれています。子どもにとってみれば、かけがえのない存在であり、子どもが心おきなく頼れる存在の象徴が母親なのです。 子どもがうっかり「お母さん」と担任のことを言い間違えるのは、子どもと担任の間に大きな信頼感が構築されていることを表していると思います。 とても微笑ましいことです。

0

男子教員です。 ○○という女児から「お父さん」と言われたことありますよ。 「○○や、実はね。私は あなたの 本当のお母さんではないのだよ。」 と 優しく教えてあげました。

画像