ID非公開

2021/1/9 0:09

44回答

囲碁の団体を「日本棋院」といいますが、 囲碁の文字が入っていないのはなぜですか?

将棋、囲碁89閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

6

ID非公開

2021/1/9 6:56

6人がナイス!しています

ID非公開

2021/1/9 7:16

下の人は間違いが多いです。 まず中国棋院は、日本棋院の後に出来ています。 また、中国棋院のトップは最初数代は囲碁棋士が勤めてきました。 現在は中国政府の役職となっていますが。 そしてヒカルの碁で伊角が中国棋院に滞在したように、中国棋院も囲碁の建物を使っている団体です。 囲碁(囲棋)、チェス、シャンチー(象棋)、麻雀、ブリッジなどの団体で構成されていますが、例えばテレビ局系列の「フジネットワーク」は約30局のテレビ局が加盟していますがフジテレビの子会社は10局だけです。 しかしフジテレビがメインであることには変わりません。 つまり中国棋院も囲棋協会がメインなのです。 また韓国も、韓国棋院は韓国の囲碁の団体です。

その他の回答(3件)

4

碁を「棋」「棊」と書いて「ご」と読ませていた時代もありました。大昔の碁は碁石を使わず木製の駒を用いていたので木偏も納得できます。 大正年間に日本棋院が創立されたとき、どの字を用いるか大いに議論があったことと思われますが「棋」を採用したのは賢明でした。 ちなみに「棋士」という言葉を造語したのは日本棋院です。それを早速ぱくったのが将棋大成会です。

4人がナイス!しています

0

中国及び中国語に合わせているからです。 「囲碁」は日本語ですが、囲碁は元々中国のゲームであり囲碁は中国語では「围棋」と言い、日本の漢字で書くなら「囲棋」となります。 日本語の「碁」ではなくて中国語の「棋」を取ったのです。 中国を尊敬、尊重して「碁院」よりは「棋院」とするべきでしょう。 日本囲棋院としなかったのは漢字四文字のほうが短くて便利だからでしょうね。 それでも「棋院」という言い方は問題があります。 中国にも中国棋院がありますが、これは囲碁だけでなく、中国将棋、チェス、連珠、麻雀、ブリッジ(ボードゲーム)の団体です。 「棋院」だけだと、当然のごとく将棋なども含むニュアンスになります。 特に日本だと「棋」の文字を含むゲームは将棋しかないので囲碁しか対応していない団体が棋院呼ばわりするのはちょっと変かも知れませんね。