ID非公開

2021/1/10 16:50

1111回答

「他人の好きなものを否定しないで欲しい」という考えについて。

哲学、倫理 | 心理学263閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/1/13 18:23

私も①と②は多そうな気がします。特に②の場合、周りには理解されずとも、本人自身は家庭で否定されてるのでその人だけは好きを否定しちゃいけないのに、自分だけは否定される事を受け入れないとになっちゃうんですよね。そのケースであれば、見下しているとは真反対で、不憫だと思います。それもある種の心の余裕のなさです。寄り添ってあげる機関は数多あれど、当事者が自分が該当してると気付くことは容易くないですしね……。 ネットが全てでは無いですが、多数の似た投稿を見ると、「何故、ダメなのか?」を多少無理矢理感情で押し通してる場面も目撃致します。 私も貴方の考えが最も強く共感出来ます。どんなにこんなの好きなの?とか言われても、まー自分は好きなんだよなぁ。で終わるのが最も多様性の形としては理想的な気がします。でも否定に悪いイメージがあり、排他しやすく、気に入らない人が多数派である限りは無理なんですよね……。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

解答全部を見返した中で一番人が生きづらいと感じにくそうな考え方だったので、もし同じ悩みにぶち当たった誰かかがこの質問を見た時、参考にするならこの考えが生きる上ではいいんじゃないかなぁと思ったので選びました。 他の方の解答もとても参考になるものでしたが、不寛容社会はやはり自分は苦手だなと思ったためです。 お話にお付き合い頂きありがとうございました!

お礼日時:1/17 16:35

その他の回答(10件)

0

否定する人は悪、とまではいかないにしても、人の趣味趣向価値観をいちいち否定する人は人が離れていくのが普通では。 大抵の人は自分が嫌いな物を好きだと言う人がいたとしても、あぁそうなんだ好きなんだね(受容)、私は苦手かな、となります。好きだという気持ちを受け止めた上で私はこうだよ、となるなら全く不快も何もないです。 否定する人は、えぇ、それのどこがいいの??おかしいよ、みたいな流れになりますよね。 アスペルガーの友達がいましたが、自分の考えと違ったら何でもかんでも否定に入ります。会話の中で人の話に対して、「いや」「違うよ」が頻発するので鬱陶しい。否定というのは価値観の多様を理解せず、自分の考えを相手に押し付ける事ですよね。 距離を置きましたが、不快が高じて攻撃に変わる人もいるのかと。 あとは否定せずとも自分と反対の価値観に対して否定だと感じて過剰に叩く人は、自分を守りたいんだと受け止めてます。自分の立ち位置や価値観に揺らぎがあるけど自分の生き方、生活、持ち物、人格全てが正しいのだと信じたい。その防衛反応として違う意見に対して過剰なまでに叩く。弱い犬はよく吠えるのと同じだと思います。 それは受け止め側の問題であって、発信側は相手の感情までコントロール不可なので気にしてたらキリがないと思います。

ID非公開

質問者

2021/1/13 12:31

私のいう否定は、君は好きなんだ!という前提の元で私は苦手、も「それのどこがいいの?」も両方をさしておりました。Noと言うだけでoutと言う考えもそれなりあるので。何はともあれ、否定の仕方が上手ければ許容しうるということですね。 アスペは本人が診断した結果なんですかね?恐らくその方にとっては自分の嫌いという価値観を気軽に提示出来ないことこそ、多様性の否定と捉えている気がします。 でもまぁ会話って相手あってのものですし、Twitterだとかで好きな思想を掲げるのとは違いますよね……。 互いに合う友達と付き合うならまだしも、過剰に叩く位なら相手に君が教官不可能でも、自分は本気で嫌と伝える方が比較的正しいと思うんですけどね……。過度な正義を掲げると争いが始まるので、そこまで来ると少し苦手です。でも納得はしました。ありがとうございます。

0

質問者さんの冷静な洞察力と磨かれた観察力は素晴らしいと思います 「他人の好きなものを否定するな」とゆう感性の方が多数派少数派に関わらず個人の価値観だと認められていますが ・「他人の好きなものを否定する人間は悪、性格が悪い」と考えてる方が多く感じられていて苦手な価値観になりつつある について 20代の頃、友人からあることを否定されました 質問者さんの観察された結果の中では②です 友人の性格が悪いとは思わないけれど、価値観の違いに気付かされました そして距離を置いていた数年後、別の趣味や考え方を否定され続けて 自分の感性や人生観を否定されるのと等しいくらいに感じられ苦痛でしたし とても疲弊したので一切関わらなくなりました 私は、感性が違っていても好きな理由・嫌いな理由を理解しようとする気持ちはあるので 他人の価値観は尊重出来ると思います 私にとっては、理解に苦しみどうしても尊重することが難しい価値観や 利益にならない非建設的な批判は気に留める必要はありません ネットで人を中傷したり貶める目的で悪意のある書き込みをして 反応を楽しみ快感を得るような方に関心を持ち思考する価値はないです あまり深みにはまると負が浸食してきます お気をつけになってくださいね ・自分の好きなものを否定されたことを根拠に過度な人格否定を行う姿勢 について 幻想的・理想的なイメージと違う現実で 他人との分かり合えなさを受け入れられる 平静な心の姿勢が保てるといいですね 質問者さんのお気持ちが一番大切です 今の感性を大事になさっていただきたいです

ID非公開

質問者

2021/1/13 12:20

まず、ただ質問しているだけだったのにお褒めと心配頂きありがとうございます。解答頂いたこと共に二重にお礼申し上げます。 家庭環境の都合で否定が宜しい事と見なしてしまってるケースは、外部に露呈するとは限らず、本人も不憫ですよね……。考えがとことん日本的価値観とずれてるのだろうとは思います。そのズレに気付かず生きづらそうな方を見ると不憫だとは思います。身内の感覚がそれであると、本当は否定されたくない思想に近くとも、もう覚えてないような幼い頃に本人自身はいやだと思っていても、身内の手で否定されて「これはこうしていいんだ」が普遍的感覚みなしてしまったのだろうという印象もあります。一人だけ海外の価値観で育てられ、日本の価値観で生きるよう言われてるであろう苦痛は推し量れません。 貴方は適切な距離感を選ぶ事はあっても、過度なし返しはしなそうです。近い思想でも、やはり細かな部分は違いますね……。

0

モノの好き嫌いと、ヒトの好き嫌いと、人格の肯定否定がごちゃ混ぜになる、わけることをしない、それでとりあえずNOといわないことになるって感じじゃないのかな モノ、意見、考えかた、行動、それらと、ひとがもつ人格の区別だよ

ID非公開

質問者

2021/1/12 17:00

あー、なるほど。明瞭な言葉でわかりやすかったです。ご意見を聞いて、区別するのが面倒、あるいは区別出来ないのかもしれないと思いました。言い方で印象は変わるといえ、Noに属するものは全てアウトとは興味深いです。結構極端な人もいるんですね。そういった部分で話の合う合わないや友達が変わるのかなとは思いました。

0

何事にもさじ加減もありますね^^ またこれは、状況によっては相手を否定していけない場面もあります。 あなたの仰る通りに、日本人特有の「他者への共感力が無いと会話が弾まない場合がある」のは、この国で生きていて本当に仕方ない事だと思いますよ。 私も学生時代に、質問者様と同じ悩みを抱えた子がいて、もう日本をでて海外で働きたい…と言っていましたよ。 男女関係なく、例えば男性には A氏「自慢の愛車です。カッコいいでしょ?」 B氏「俺は、かっこいいとは思わないかな…」 と、はっきり言ってしまうものならば、その場の空気感が少し止まります。A氏からしたら、「自慢の愛車って言ったのだから、かっこいいとは思っていなくても表面上では、確かにカッコいいわ!くらい言って欲しい…」となるわけです^^ なので、冒頭でもお伝えした『状況によっては、相手を否定してはいけない場面』が必ずあるのです^^ 人間関係って難しいですよね。質問者様は女性のかたなので、特に社会からそれを求められます。大変だと思いますが、まだあなたはお若いので少しずつ少しずつ…です^^

ID非公開

質問者

2021/1/11 19:30

お答え頂きありがとうございます。確かに小中はやりづらかったですが、今はあまりやりづらくないです。ご心配頂きありがとうございます。そもそも、自分と価値観がズレにくいコミュニティや繋がりに入れば良いと気付いてからは楽になりました。ただ、ご指摘の通りでもあります。海外によく行かれる先輩に昔部活でお世話になったのですが、確かに一番楽でした。 お話にひとつ疑問が残ります。車のお話です。その場に10人いるとして、否定した1人の方は確かに肯定してほしい9人の感性を理解していませんが、また9人の方も否定しても良いという1人の感性を理解していないように思います。それは共感能力の不足では無いのですか? 9人が常に同じように考えるならまだやりようあるかもですが、別の話題になればまた多数派が誰かも変容するかと思います。ならばたった少数派の感性も無視していい事では無いのでは?

0

好きだと言っている人に対して、わざわざ水を差すのは性格が悪い(意地が悪い発言と言い換えた方が適切か)。というのは事実に思えますが、 ただ、過剰反応し過ぎている感はありますよね。 「私が好きなものを悪く言わないで」と声に出す人はいいのですが、敵が現れたと言わんばかりに攻撃に転じる人が多い多い。 掲示板、コメント欄などを見ても、 悪を叩くという大義()に託けて、憂さ晴らしをする人が増えたのか、些細な咎を大きく取り上げて集中砲火。というのは珍しい光景ではありません。 憂さ晴らしをしたい人が人を不快にさせるような書き込みをして、不快になった人は憂さ晴らしの為に...といった負の連鎖が起こっているのではないか?と個人的には思っています。

ID非公開

質問者

2021/1/10 23:04

今の所1番共感いくコメントでした。 ただ少し気になった部分があります。これも私の先入観に過ぎないのですが、恐らく、悪意以外で否定する方は水を差すつもりも無いと思うんです。自分は好きな物をどう言われても気にならないか、あるいは色んな意見があるのが当然という前提の元生きており、価値観の相違を交換する感覚なのではと思っています。(まぁ、嫌というのも価値観のうちなんですが……苦笑)質問でも書いてますが、本人に無い感覚は理解出来ないと私個人としては思うんです。なのに一方的に責めるのか、と。 ネットは匿名なのをいい事に好き放題書いてるという印象は確かにあります。怖いですね……。 もう少し意見が割れても良さそうな話も結構偏ってたりする様は見ます。SNS疲れってこういうのが原因なのかもしれないです。