よく自衛隊とかで聞く話ですが、訓練などで薬莢の数が合わないと帰れない、空港の整備とかでもペン一本落としたら全員で捜査するみたいな話を聞きますが、海外とかでもあり得る話なんですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

この自衛隊の管理の徹底さというのは、日本で銃が殆ど手に入れることが出来ない国特有の事情から来てるわけなのですね。たしかに銃弾を触ることが出来る人は自衛隊員などレアな訳ですから、そこから反政府組織に繋がるケースも0では無いですからね。銃弾や銃器を管理すると言うのは安全面から見ても大切ですよね。みなさまありがとうございます。

お礼日時:1/14 16:49

その他の回答(4件)

0

カナダ(銃を買うのは難しい)やアメリカ(銃は簡単に買える)では弾丸は簡単に買えるので、その様な話は多くの国ではないでしょうね。

1

空港の話は別として、自衛隊の話は、日本では銃器の所持は許可が要る、さらには自衛隊が使用している銃器の場合は一般人の携帯所持は認められていない物が多いので、未使用の弾丸、使用済みの薬莢の数が合わないと紛失か盗難かという話になる。 行方が判らないと、犯罪に使用される可能性も否めませんからね。

1人がナイス!しています