ポジティブ思考について

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんの意見大変参考になりました。 一番腑に落ちたのが >本当はそう思っていないで「幸せだ」とか「楽しい」というのは建前で言っているだけであって、本音が違う場合は、その人は苦しむでしょう!! やっぱりそうですよね。無理しても意味ないことがわかりました。 愛の本質は難しいですね。そうなりたいものですが。 意識してできることからやってみます。ありがとうございました。

お礼日時:1/13 22:38

その他の回答(5件)

0

ある程度の前向きさは必要ですが、それは一旦落ち込んだり、悩んだり、反省した後でかまわないのです。 過剰なポジティブ思考の事を 『ポリアンナ症候群』と言います。 失恋や会社で叱られた、トラブルに巻き込まれた等、人生には色々な悲しい事態が起こりますね。 その際、落ち込んだり反省する期間がないと成長もしないということになります。 あまりに過剰なポジティブシンキングは現実逃避の現れになってしまいます。

2

現実から目を逸らしてるだけですよ 思おうとすれば刹那的に安心があるだけです 目を逸らしてるうちは不安の大元は無くならないのでいつまでたっても一時しのぎのまま せめてちゃんと不幸だと向きあった方が 感情が処理される

2人がナイス!しています

0

人間は大脳支配動物で思考によって現実を作る特性を持っている 健康で毎日が充実していても、誰かと比べて自分はが不幸だ不幸だと思っていると見るものが全て不幸に見えてくる、という術に掛ってしまう 行き交う人も煩わしく、楽しかったものも疎ましくなり、何もかも色あせて見え、身体は重く、自信を失い。いつも焦りでいっぱいで落ち着かないといった不幸な状態なる つまり自己洗脳に掛かってしまうのだ ポジティブな言葉を連発して言い続ける意味はその逆パターンを狙ったものだ 幸福であると思い込むことで人は幸福になり、目に映る現実が輝いて見える 言葉ありきの自己洗脳で、おそらくやり続けると徐々に違和感が取れていくと思われる

0

たぶん「思考を止めるワザ」だと思うんですよね。 無理してまで言う事ないし、唱えれば幸せになるってものでもないと思います。 今流行りのマインドフルネスとか運動とかに没頭して、ネガな思考を止めるのも良いですね。手芸でも塗り絵でもゲームでもいいんですよ。 それをしたことで自分を責めていては辛いだけだけど。