回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/11 21:59

44回答

「月に代わっておしおきよ」という有名な決め台詞がありますが、何故そもそも月が出てくるのですか?

1人が共感しています

回答(4件)

0

月はある種の神様です。 太陽もそうですね。太陽神て知りません? 同じように月神もいます。 神様はみんな悪人を懲らしめます。

1

これは、美少女戦士セーラームーンという昭和生まれの女子たちが見ていたアニメのワンフレーズにでてくる言葉ですよ。 平成、令和生まれのあなたたちがみていた今でいうプリキュアみたいな少女アニメです。主に、幼稚園児がみます。 あなたは、セーラームーンをみたことないので、こんな間抜けな質問をしてるのです。 セーラームーンをみたらわかります。 主人公・月野うさぎは、普段は日本の女子中学生ですが、実はかつて月面にあった超文明国家の女王が転生した存在です。彼女は前世に持っていた超能力に目覚め、「月の戦士」に変身して悪と闘います。変身直後、悪人たちの前で見得を切る(意味がお分かりになりますでしょうか)時に、「私はあなたたち悪人をこらしめる」という意味で「月に代わって(悪い人に)おしおきよ」と言うのです。月の戦士なので、「月に代わって~」という表現になります。 この作品が大ヒットしたため、女の子たちが会話の中で、待ち合わせへの遅刻や、約束を破るなどした時、「ペナルティを与えるぞ」という意味で「月に代わっておしおきよ」と言うようになったのです。 ですから日常会話内で使われるとき、「月に代わって」の部分には意味はありません。

1人がナイス!しています

3

「月を守護に持つ、愛と正義のセーラー服美少女戦士セーラームーン」だからでしょ(^^;

3人がナイス!しています