シャインマスカットやべにはるかが韓国に盗まれたと聞いたのですが、何故日本の農家は海外でも特許をとらなかったのでしょうか?

政治、社会問題29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

農家じゃなくて国の怠慢だったのですね。 これじゃせっかく努力して作ったのに、馬鹿みたいだし、ホント盗まれる前に品種の申請をしてほしいです。

お礼日時:1/24 23:07

その他の回答(1件)

0

韓国ではべにはるかが大人気だそうです。日本で育種されたべにはるかは、はじめ韓国の農家が苗を持ち帰り、それを韓国の自治体の研究所が勝手に苗を増殖し、農家に配りました。さすがに国際的に問題があるということで、自治体の研究所は増殖から手を引きましたが、農家達がこれまた勝手に増殖し、今ではべにはるかが主流となっています。しかし、韓国ではべにはるかという品種であるということを認めていないのです。認めれば日本から盗んできた苗を、こともあろうに自治体の研究所が増殖し、韓国の農家に配っていたということになります。これを認めると、盗人の国と認めることになり、韓国は絶対に認めないでしょう。べにはるかという品種は韓国に存在しないという建前なので、韓国で知的所有権を訴えるのは難しいのです。 野菜などの種の場合F1品種なので、その種から同じものはできません。 しかし、サツマイモの苗や果物の枝などは同じものができてしまいます。 反日、嫌日の韓国ですが、日本から盗んできたべにはるかとは知らずに食べている韓国民は、いかがなものでしょう。 いずれにしても、盗まれる前に品種の申請をしなければ、あの国ではどうしようもないということです。