ID非公開

2021/1/12 20:44

1010回答

気持ちの持っていき方を

小学校114閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/12 22:02

回答ありがとうございます。 そう言ってくださり ありがとうございます。 私はパンダさんのような言葉で 自分を褒めてもらいたかったのかも 知れません。 大人の私が褒められて嬉しいのだから 娘ならなおのことですね。 パンダさんにかけていただいたような 言葉かけを娘にも出来たら、と 思いました。 パンダさんのおっしゃるとおり 私の友人や周りの子で 親に「勉強なんか出来んくていい」って言われて来た人に、 ロクな成績の人はいませんwww 「ほんとだー!」って思いました。 親からの言葉かけは暗示のようなものですね。 親である私自身が諦めては いけませんね。 パンダさんの励ましの言葉に はたと気付きました。 ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、 お忙しい中 丁寧な回答をありがとうございましたm(_ _)m 最初のほうの方にしか 個別に返信できずに 申し訳ありません。 とにかく怒るのは厳禁で、 無理せずにプロに任せる。 子どもに苦手意識を植え付けない、 これらのことを肝に銘じます。 BAは私の気持ちまで慰めくださった方に。 ご回答くださったすべての方がBAですが お一人だけ選ばないといけないので すみません。 本当にありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:1/17 10:22

その他の回答(9件)

0

我が子だからこそイライラするんですよね。 優しく教えてあげられないと思ったら、他人にお任せです! 怒られながらだと、余計に勉強嫌いになっちゃうし。 私も、あ、もう無理だな、と思ったからさっさと塾に行かせました(笑) やっぱり他人に教えてもらったら、素直に聞けるみたいで楽しそうに塾に行ってます。 目に見える成果としては、漢字がすごく苦手だったのを克服できたのが大きかったです。

0

親が教えると感情的になり、逆効果ですよ。 子供も劣等感しか感じません。 プロに任せた方が親も子も心理的に楽です。 怒っちゃダメです。 分からない事を分からないって言える環境にしてあげないと分かったフリをしてしまい、それが積もり積もって学年も進み、分からないが山積みになり、大変な事になります。

0

理解できないのレベルがどれくらいかわかりませんが、国語や他の事は問題ないのに、算数だけ教科書レベルのことも理解できないということなら学習障害も疑ってみた方がいいと思います。

0

こんにちは! 軽度知的障害 小3の父親です。 気持ちはわからなくもないですが イライラをだしては覚えられるものも覚えません 質問者さんは何故イライラしているのでしょうか?そこを分解してみると良いと思います。 自分の見積もり時間よりも時間を取られているからでしょうか? お子さんの未来を考えての悲観なんでしょうか? 前者なら改めるのは、まづは質問者さんだと思います。 後者ならじっくり成長をみながら地道にやっていきます。 こればかりは、一番損をするのはお子さんです。 そして、私スポーツの指導を少ししているのですがやっぱり自分がつまづかなかった事は気持ちが判らないのでね!特に私も得意な事は見て覚える感じで大よそ出来ちゃった系でした。 ただ指導現場ではそうもいかないですし、出来ない人を出来るようにするのが求められて立事だったりするので色々考えるのですが、その子に何が足らないのかを考えます。 だったりする集中力がなくて見てられない、聞いてられないのか? 体力がないのか?身体操作が荷が出なのか?いろいろあります。この辺りの多くは、経験数をあげればいつか気づきがあって改善させます。 一番大切なのはやる気ですよね!これがなくなっては何も生まなくなります。継続は力なりです。 特に義務教育の世代のお子さんは 成長期なのでほっといても出来るようになることは多いのも確かです。 子供の勉強をみていてもそれは本当に感じます。家の子はIQも低いので理解能力は低いです。なので、スピードは全く求める事をやめました。 一緒に宿題とかをみていると、一年づつ計算の速度は上がるし、読みの速度もあがります。やり続ける伸びるんですよね!

0

子供さんは決してわからないわけではありません。基本的な概念を教えず、算数だからと言って、法則に当てはめろと、一方的な押し付けをしているから理解できないのです。 理屈がわからなければ、子供が理解するスピードは下がりますし、理屈さえ理解できれば逆に周知するスピードは上がります。 あなた自身、算数の概念というものを理解して、子供さんに教えていますか、自分で理解できていないかもと思うのなら、プロに任せましょう。逆に今のままでは、子供さんが算数嫌いになるだけです。