新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/1/12 22:30

1010回答

コロナで結婚式は諦めた方がいいのでしょうか。

補足

私の書き方が悪かったのですが「見せびらかすために式をあげたいと思っている」と思われ、伝えたかった文意を読み取っていただけなかった人が多くいるようなので…。 書いたように今まで心配をしてくれて「誰よりも幸せにならないといけない」と言ってくれていた友達たちなので、その友達に「幸せになるよ」というのを結婚式を通じて伝え、安心してもらいたかった、と言う意図です。 自分本意で「諦めないといけないのか!嫌だ!」と言っているのではなく、父と友達のために挙げたい気持ちが一番で、その人たちを安心させるために今まで色々なことを夢見ていたのに…と思うのです。 結婚をするにしても40〜50と言っていますが、私も婚約者も招待予定の友人は5.6人で、うち30人は親族です。 訳あって職場の人を招待する必要はありません。 来る来ないは別として、5.6人程度の友人に声をかけてみてもいいのかななど考えていましたが、皆さんの回答を見ていたらこの状況下でする結婚式に対する気持ちが萎えてしまったので、よくよく婚約者と話し合いたいと思います。 元気のでるコメントも数多くいただいたので、ベストアンサーはもう少し悩ませてください。ありがとうございます

結婚2,314閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番気持ちに寄り添っていただけた、と感じた方をベストアンサーに。 結論としては入籍しても1年間別居ということに落ち着きそうです。 理由としては遠くの県に転居する予定のため、数年後に挙式をすることになった時、コロナで疎遠になっていて呼び辛い、を回避するためです。 私は今の所に1年間残り、コロナの状況を見守ることと、県外に引っ越して疎遠になってもいいように思い出作りをします。 ありがとうございました。

お礼日時:1/16 13:50

その他の回答(9件)

1

おめでとうございます! しかし正直、これから1年後まだどうなるかは分かりませんしキャンセル料も馬鹿になりませんし折角のお祝いの門出をパートナー諸々非常識な夫婦という印象になりかねないのは勿体ないです。参加は自己責任ですが招待は別です。招待された人は喜んで参加するかもしれません(中には参加しても内心こんな時期だし招待するのを疑う人もいるでしょう)。ただ、その家族やパートナー、職場からの印象はどうでしょう…。参加するしないで揉める人も必ず出てくると思います。 理想通りとは行きませんが、式場やドレスはそのまま事前に声をかけて招待されたいと言った両親や兄弟だけの家族婚にし、後はリモート招待にするのはどうですか?

1人がナイス!しています

緊急事態宣言が出ていたら延期やキャンセルが無料のところもありますが、出てなくても今の状況なら招待される側の気持ちとしては変わりません…。 そして、緊急事態宣言の要請がされても、直ぐにというわけでなくキャンセル料がいる微妙な期間だったり終わってすぐ等の行きずらいパターンもある様です。 かなりのお金をかけるわけですし思い通りにいかないのは納得いかないかも知れませんが、最大限楽しめたらいいですね!

4

収束してからでいいのでは?

画像

4人がナイス!しています

0

こんな大変な状況なのに明るいニュースありがとうございます。 そしておめでとうございます。 本題ですが、まずは家族のみで結婚式をあげてはいかがでしょうか? その後にコロナの状況を見て披露宴を行う。 友達を招待するのは披露宴だけでいいと思いますよ。

13

そもそも、結婚式自体が友達にドレス姿を見せるためにやるものではないです。 家族婚であれば希望も叶えられると思います。 好きなドレスも着れるし、お父様とバージンロードも歩けます。式場も営業停止でない限りは使えますよ。 今の感じだと今年の秋は難しいように感じます。 もちろん実施するのは自由ですが、招待されたとしても出席できないと思います。 無理に延期してやっぱり無理、というのは精神的に辛いので、家族だけでささやかに挙式されるのがいいのではと個人的には思います。

13人がナイス!しています

5

ご婚約おめでとうございます。 現実的に考えて、現状その規模の結婚式をするのは中々大変だと思います。 結婚式って確かに新郎新婦が主役ですが、あくまでもホストであって、披露宴はゲストをもてなす立場ですので、 まず「みんなに見てもらいたい!!」という気持ちでするものではありません。 コロナの影響がない式でも、良い式というのはまず第一にゲストが満足できるか、自分たちの自己満足にならないか・・というのを細かく追及している式だと思います。 それで言うと、やはり、今の状況でゲストを40~50人呼ぶというのは、ゲストからしても中々手放しで祝福できる状況ではないと思います・・・ とはいえ、来年の3月にはどういう状況か分かりませんので、開催する方向で進みながらも、最悪の場合は中止。もしくは延期であったり、家族婚などの小規模の挙式やフォトウエディングに切り替える準備と相談。心構えをしておいた方が良いと思いますよ・・ せっかく幸せな時期で、憧れの結婚式!!っていうのが叶うかどうかの状況でお辛いとは思いますが 仮に結婚式が出来なくても、一番の幸せは最愛の人と暮らすありふれた日常であるという事を忘れずに、結婚式をしないという決断が何人もの命を危機から守った!と胸を張りましょう! 今も落ち込んで過ごすのではなく、二度とこない新婚時代を満喫して下さい!!

5人がナイス!しています