なぜ日本人は茶碗に飯を盛るのでしょうか? そして茶は茶碗では飲まないのでしょうか?

一般教養 | 料理、食材76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

古代の人工の食器は土器が使われていました。それから 朝鮮半島より硬質の土器である須恵器(すえき)の製法 が伝わっています。他には木製の器や貴族では金属製の 食器が使われ始めています。その後は陶磁器の製法が 伝わり主流となって行きました。

その他の回答(4件)

0

伝来以降の用途が切り替わったからです。 元々、茶の器として伝来しましたが、当時は庶民が使えるような品物では無く、とんでもない贅沢品でした。 国内生産などが進んでも、まだまだ高級品であり、しかし余裕のある家などでは器を手に入れられるように変わっていきます。 それまでは無かった「贅沢品の美しい器」に、日本で特に重要視される「米」を盛ると言う発想が誕生して、それが一気に広まりました。 木製では無い磁器の器自体を「茶碗」と呼ぶようになり、ごはんを盛るものは「飯茶碗」ですが、飯が省略されます。 茶を注ぐための器は、より日本の慣習に合うよう形を変えていったので、茶碗とも湯呑み茶碗の前半を採って湯呑みとも呼ばれるように切り替わりました。

0

焼き物の器を、瀬戸焼以外の物も含めて「せともの」と呼ぶことがありますよね。 それと同じように、特に京都や大阪では、かなり昔から、焼き物の器を「ちゃわんの物」と呼んでいたんです。たとえば磁器製の香炉を「茶碗の香炉」と呼ぶ事例があるようにです。 つまり、茶道具としての器も、飯を盛る器も、焼き物ならみな茶碗と呼んできたわけです。 特に用途で区別する場合は、飯を盛る物は「ご飯茶碗」などと呼ぶことがあります。

0

茶碗という器に炊き立ての熱いご飯を入れて手に持ちのには良い形状のためです。それと、熱いご飯は素手で持てばやけどする恐れがあるのと、食べるものを素手で持つのは不衛生なためです。 ご飯茶碗でお茶を飲んでも問題ありませんが、これは一人で食事やお茶を飲む場合であり、他人が目の前にいればやらず、湯飲み茶碗にお茶を入れて飲むのがマナーです。

0

茶碗は名前の通りお茶を飲む器です。 ご飯を盛るのは飯茶碗と言います。 今は茶碗というのは碗型の陶器全てをさしますからね。