ID非公開

2021/1/14 12:36

44回答

C-2やF-2のような自衛隊の国産、準国産航空機ですが、帝国軍や陸上自衛隊の戦車みたいになぜ○○式のような名称にしないのでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

全ての回答者の皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:1/14 18:49

その他の回答(3件)

1

ミリカテにも存在していますが一部の盲目的愛国者が紫電改や五式戦など、米軍機と二桁生産数の違う飛行機を持ち出して、傑作機だの米軍接収団を驚愕させたのだの、相手の社交辞令をそのまま額面通り受け取って誇示吹聴するという同国人として赤面する無知蒙昧振りを発揮していますが、陸海と旧軍の系譜を引き継がざるを得なかった他の二つと違い、空自は過去のしがらみなく客観的事実を大っぴらに議論することができた。 防弾鋼板もセルフシーリングタンクも自動消火装置もない軍用機を運用していた過去を恥、新生国軍として過去のしがらみのない真実が受け入れられる素地を備えていた。すでに1943年には実用化されていた慣性照準装置をさらに洗練円熟させて備えていたF-86Fセイバーを見て、これでは勝てんばい、と思ったはずである。 一方、陸海は、アメリカの圧倒的航空戦力の前に海軍は連合艦隊は太平洋の海底に鉄屑を沈め、陸軍は補給を途絶され戦友の屍肉を喰らう戦いを強いられた。その戦闘の苛烈さの語り部すら帰還しない、してもあまりの苛烈さに口を開かない、まさに完敗。 ところが日本が朝鮮戦争と戦争特需で経済が復活すると、出てくるのがネオ国粋主義者。西ドイツではネオナチ復活に周辺国から厳しい監視の目を受けたが、日本では中韓の赤化でむしろ奨励され、昭和30年代になると興行的にも荒稼ぎしやすい、御涙頂戴のチープなWW2皇軍無敵映画が映画館を席巻した。それらに見事に感化されたのが、現在の国家の命運を担う日本の支配層である。 海上自衛隊については、とっておきの大和、をどの艦に使うかですね。 陸自は実際に機甲戦闘が生起しないという気安さから三菱さんはやりたい放題ですが、国際市場で買い手が付くような魅力的な製品を作ってみる気概があるかどうか見守っています。

1人がナイス!しています

1

陸上車両やその他の装備品は在来の日本軍の型式名称をそのまま使っていますが、 航空機に関して言うと終戦時に航空機の開発、研究、教育、飛行と全てにおいて解体、禁止されましたので15年の解禁からアメリカに準じた基準として再開されたかだです。 つまり日本名は2式輸送機>C-2、二式戦闘支援機>F-2という事です。また開発においても日米共同が多いのですべて共通化を図ったほうが都合が良いのです。アメリカ海軍もP-8(ボーイング・ポセイドン)とP-1(川崎)で当然のように理解できています。これをわざわざ2shiki.syoukaikiを訳さなくても済むのです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/14 18:46

お教え感謝申し上げます。回答にナイスをさせて頂きました。お世話になりました。ありがとうございました。

2

航空自衛隊はアメリカ空軍をモデルに設立されており、アメリカの命名規則をベースにしてるからです。 陸上自衛隊や海上自衛隊には旧軍からの伝統があります。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/14 18:44

教えてくださりありがとうございました。ナイスをさせて頂きました。また宜しくお願い致します。