回答受付が終了しました

簿記の2級も3級も社会人で合格してもたいしてすごくない資格ですか?

簿記263閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

回答(12件)

0

簿記の3級はお疲れ様です。一声掛けられておしまいですね。 簿記の2級になれば工業簿記(原価計算)が出来るようになるので、 工場勤務には有利でしょうね! これからも色々な資格にチャレンジしてくださいね。

0

簿記にはいくつか種類がありますが、いずれも2級の資格があれば就職率は上がります。3級は少し勉強すれば割と多くの人が取れるので、あまり役に立ちません。最低でも2級以上は必要です。 因みに、漢検も2級の資格があれば就職率が高くなります。簿記・漢検ともに2級以上の実力があれば(最終足でも社会人でも)就職できる確率はかなり高くなりますね。 余談ですが、それでも上司が年下なんてことはよくあることですけど。

0

仕事をしながら資格を取るのは大変ですから、どんな資格でさえ、たいしたものです。 私は簿記の資格はありませんが、 大学の時、商業簿記の勉強をしていたのが、仕事に非常に役立っています。 経理の仕事をしているわけではなくても、簿記の知識は社会人として 役立ちますよ

1

日商の1級、全経の上級に合格すれば税理士試験の受験資格が与えられるので そこそこな資格であると言えますが それ以下となると凄いか凄くないかと問われれば ”それなり”といった感じでしょうか。 ただ、仮に日商の3級でも持っていれば 簿記の基本は知っていますから特に経理方面の就職には有利でしょう。 一から教えようと思うと結構大変な作業ですから。 誰でもちょっとがんばったら取れそうなハードルの低い資格ですが 有れば有ったで優位に働く資格だと思います。

1人がナイス!しています

1

全商、全経、日商などありますが、どれを言っているのでしょうか。 生活に置いて固定費がどのくらいかかっているのか、備品を買ったとき減価償却累計額を算出し、積み立てなど自然にできています。 大手のリストラにあった日商簿記1級をとっている50代の人が 再就職したと聞いたことあります。 そのくらい極めると強い武器になるようです。

1人がナイス!しています