ID非公開

2021/1/14 20:23

22回答

土木設計コンサルタント業務での発注者との打ち合わせ

この仕事教えて | 職場の悩み34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/17 2:54

回答ありがとうございます。 私も同様に思いますので確認させて頂いた次第です。 打ち合わせ簿も担当者に作らせて体裁だけは整えるようです。 手抜き……実際丸投げですから。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 仕様書のとおりですよね。

お礼日時:1/22 13:21

その他の回答(1件)

0

基本的に打ち合わせについては、管理技術者が出席するものだと思います。 特に、業務の重要な局面における設計の方針などを決定する打ち合わせであればなおさらだと思います。 それができるのであるのであれば、技術士やRCCMの名義貸しが、今以上に頻出することになると思います。 だだし、細かい内容についてメールでやり取りするのであれば、管理技術者でなくて、担当技術者から送付されることはあると思います。その場合でもccで管理技術者にも送付されるようにする必要があると思います。 まあ、発注者にもよるのかもしれませんが・・・・業務の方針を決定するようなことであれば管理技術者の出席は必須かもしれませんが・・・例外として、例えば業務の本当に細かい部分については、担当技術者だけで打ち合わせをする場合もあるのかもしれません。

ID非公開

質問者

2021/1/16 15:12

回答ありがとうございます。 私がこれまで従事してきた中では無かったので確認させて頂きました。 中には仕様書違反とはっきり言う発注者の方もいました。 この時期で工数や納期にも影響する内容を担当者が言われるまま請けてきてもトラブルになりかねません。 それを容認する発注者や管理技術者だと尚更そう感じましたので。